ダイハツ、認証試験の不正行為により全車種を出荷停止に 国交省が立ち入り検査を実施

ダイハツ工業は、車両の安全性認証試験における不正行為が明るみに出たことを受け、国内外の全車種に関して出荷を停止すると発表しました。この問題について、ダイハツ工業の奥平総一郎社長は「この度は、お客様をはじめ、全てのステークホルダーの皆さまの絶大な信頼を裏切ってしまうようなことになりました。大変申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を述べました。

2023年4月と5月に不正が発覚して以来、第三者委員会による徹底した調査が行われており、その結果として新たに174件の不正行為が確認されたと報告されています。特に注目されるのはエアバッグの作動試験における不正で、衝突時センサーに代わりタイマーで作動するように設定していたことが判明しました。

第三者委員会はこのような不正行為の背景には、過度に厳しい開発スケジュールが原因であると指摘しています。また、ダイハツの経営幹部が、このような不正が起こる可能性に対して未然に防止策を講じなかったことも明らかにしました。

ネット上では、「これ以上悪質で重大な違反はない」「代金を払って納車を待っていた方は特にかわいそう」「かつての三菱以上の不祥事になるかも」などの意見が寄せられています。

国土交通省が立ち入り検査を実施|行政処分の必要性も検討

国土交通省は21日、ダイハツ工業の安全性認証試験での不正行為に関連し、同社本社に対して立ち入り検査を行いました。道路運送車両法に基づき、事情の聴き込みなどをして不正行為が法違反にあたるかどうかを調査し、行政処分の必要性も検討しています。

国土交通省はダイハツが国内で生産中の全27車種について、同社の検証とは別に独自の安全性と環境基準に関する検証を行う予定です。検証が完了するまでの間、ダイハツには出荷を停止するよう指示しています。検証には多くの項目が含まれるため、本格的な検証の開始は2024年1月からとされ、その期間の詳細についてはまだ確定していません。

もし検証の結果、悪質で重大な違反が認められれば、車両の大量生産に必要な国の「型式指定」の取り消し処分が検討される可能性があります。第三者委員会の報告書によると、他社ブランドを含めた64車種のうち、25の試験項目で174件の不正が判明しています。

ダイハツは自社の内部検証に基づき、不正に関わる車両の大半が安全性に問題ないと主張しています。しかし、「キャスト」とトヨタブランドの「ピクシスジョイ」に関しては、ドアロックに関する問題があることが判明し、保安基準に適合していない可能性があるためさらなる検証が進行中です。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  2. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  3. 「国産初の新型コロナワクチン 遅きに失したワクチン研究開発費67億円はアメリカの1割」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    COVID-19(新型コロナ感染症)が2019年からの感染拡大により、世界中で大きな影響を与えました…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る