国際会議でロシア代表がウクライナ国旗を奪取 ウクライナ代表が怒りの強打

トルコの首都アンカラで4日に行われた黒海経済協力機構(BSEC)会合の会場にて、ロシアの外交官とウクライナの外交官がもみ合いになりました。ことの発端は、ウクライナの外交官がウクライナ国旗を取材最中に掲げたことです。

ロシア代表のオルガ・ティモフェーワ氏が取材を受けている最中、ウクライナの国会議員であるオレクサンドル・マリコフスキ氏がカメラに映るように、背後でウクライナ国旗を掲げ始めました。

それを見たロシア代表団長のワレリー・スタヴィツキー氏がその国旗を取り上げ、その場を去りました。すると国旗を掲げていたオレクサンドル・マリコフスキ氏が追いかけ、国旗を取り戻そうとロシア代表団長を殴り、その場は混乱状態に。

周囲にいた人たちが間に入り、「争わないでください」とその場を収めました。BBC NEWS JAPANで公開された動画では、終始オレクサンドル・マリコフスキ氏が反抗する姿が映されています。

この1件を知った人たちはネット上で、「この事案はまさにウクライナ戦争の縮図だ」「オリンピックでも同じことが起きてもおかしくない」「両者の争いは本当にいい加減にしてほしい」などの意見を寄せています。

そもそも黒海経済協力機構(BSEC)とは?

黒海経済協力機構の正式名称は、「Organization of the Black Sea Economic Cooperation」です。単語の頭文字を取って「BSEC」と略されています。

このBSECは1992年、トルコの主導により、黒海沿岸及びその近隣の11ヶ国により発足されました。主な活動目的は、域内ビジネス環境の改善、起業イニシャティブの促進、協調による域内経済効率化の3つです。

加盟国間及び第三国機関で対話を行い、目標達成を目指します。現在の加盟国は、ロシアとウクライナを含めた、アルバニア、ブルガリア、ジョージア、ギリシャなどの全13ヶ国。活動分野は多岐にわたり、金融、犯罪対策、文化、税関、緊急支援、教育、エネルギーを含めた全18分野です。

首脳会議は不定期で開催され、外相会議は半年に1度開催されます。加盟国以外の国や機関は、観察者・分野別対話パートナーなどとして会合に参加できます。

日本は加盟国に含まれていませんが、黒海地域の重要性があるとして2010年3月に、分野別対話パートナーとして地位の申請を行い、同年5月に分野を特定しない分野別対話パートナーとして地位が承認されました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る