宝塚俳優の急死問題、親会社の阪急阪神HDがパワハラ行為を認めて謝罪

宝塚歌劇団の25歳の女性俳優が2023年9月に急死した事件について、親会社の阪急阪神HDがパワハラ行為を認め、遺族に謝罪する意向を固めたことが24日に分かりました。当初は調査報告書でパワハラ行為を否定していましたが、その調査報告書を公式サイトから削除し、阪急阪神HDの首脳陣や該当する上級生らが遺族側に謝罪する方向で進めています。

遺族側は、上級生からのパワハラと長時間労働が自殺の原因だと主張していました。これに対し、歌劇団側は2023年11月に公表した調査報告書で、長時間の活動などによる強い心理的負荷は認めましたが、その一方でいじめやハラスメントの事実は「確認できなかった」としています。

特に注目されるのは、村上浩爾理事長(当時は専務理事)が報告書公表時の会見で、「(いじめがあったと言うなら)証拠を見せていただきたい」と発言したことです。この発言はSNSなどで大きな非難を浴びました。

パワハラ問題への対応が、歌劇団とその親会社にとって重要な転機になるでしょう。ネット上では、「現在いじめやパワハラとゆう言葉で濁していますがこれは犯罪です」「逃げ得が許される事がない様に」「歌劇団運営の皆さん、本当に心の底から腐ってますね。人の命を何だと思っているのか」などの意見が寄せられています。

阪急阪神HDの会長による劇団の私物化疑惑が浮上 退団者が相次ぐ

宝塚歌劇団における深刻な問題が2023年9月、25歳で急死した女性俳優の悲劇から始まりました。そのなかで、阪急阪神HDの角和夫会長(74)による劇団の私物化疑惑が新たに浮上しています。

年末、宝塚歌劇団では退団者が相次ぎ、特に雪組トップスターの彩風咲奈氏(33)の退団が大きなニュースとなりました。彩風咲奈氏は、2023年11月に理事長らと直接話し合い、上級生によるパワハラ的指導の改善を求める生徒たちの代表として前面に立ちました。

彼女自身も過去に上級生からのパワハラを受けた経験があり、「12月の舞台ではその辛い記憶がフラッシュバックして、過呼吸でパニック状態に陥り、一時的な舞台の中止・中断を余儀なくされています」と語っています。

彩風咲奈氏の退団に先立ち、花組からも4名の退団が発表されました。多くの退団者の中には、角和夫会長の影響下で良い役を射止めてきたとされる帆純まひろ氏(27)の名も含まれています。これらの出来事は、宝塚歌劇団内部の問題の深刻さを示しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. DMMグループのDMM Bitcoin社から、約482億円相当のビットコインが流出したことが明らかに…
  2. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  3. イスラエルとハマスの対立をめぐり、国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官は、双方の指導者5人に対…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る