22日のNY株、ダウ平均が初の3万8,000ドルを突破 2営業日連続で終値の最高値を更新

週明けの22日、ニューヨーク株式市場にてダウ工業株30種平均が注目を集めました。この日、ダウ平均は3営業日連続の上昇を遂げ、前週末比138.01ドル高の3万8,001.81ドルで取引を終了し、初めて3万8,000ドルの大台を突破しました。これにより、ダウ平均は2営業日連続で終値の最高値を更新しています。

この上昇は、米企業の決算発表期待によるもので、特にハイテク株を中心に購入意欲が高まりました。一時は前週末より240ドル超上昇し、取引時間中の最高値も更新されるなど、市場は活気に満ちていました。

また、幅広い銘柄を含むSP500種株価指数も10.62ポイント高の4,850.43で取引を終え、終値の最高値を記録しています。ハイテク株主体のナスダック総合指数も3営業日続伸し、49.32ポイント高の1万5,360.29となり、約2年1ヶ月ぶりの高値を達成しました。

個別銘柄では、小売り大手のウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスや娯楽・メディアのウォルト・ディズニーの株価上昇が目立っている一方で、住宅用品販売のホーム・デポは売りの圧力を受けました。

市場の関係者は、「投資家の間で、生成AIの利用拡大を背景とした半導体の需要が企業業績を押し上げるとの楽観的な見方が広がっている」とした上で、「企業の決算の内容に加えて、来週、開かれる連邦準備制度理事会の金融政策を決める会合とパウエル議長の会見の内容に関心が集まっている」と見解を示しています。

24日はダウ工業株30種平均が続落 25日は反発して170.54ドル高

24日のニューヨーク株式市場では、ダウ工業株30種平均が続落し、前日比で99.06ドル安の3万7,806.39ドルで取引を終えました。投資家心理は米長期金利の上昇と高値警戒感により冷え込み、売り注文が優勢となりました。

一方で、SP500種株価指数は3.95ポイント高の4,868.55を記録し、4営業日連続で終値の最高値を更新しています。好業績を発表する米企業の決算に対する期待感から、IT株を中心に買い注文が集まりました。

同じく、ハイテク株主体のナスダック総合指数も5営業日続伸し、55.98ポイント高の1万5,481.92を記録。これは約2年1ヶ月ぶりの高値です。

続いて25日のニューヨーク株式市場では、ダウ工業株30種平均が反発し、午前10時時点で170.54ドル高の3万7,976.93ドルを付けました。ナスダック総合指数も51.42ポイント高の1万5,533.34となり、2023年10~12月期のGDP速報値が市場予想を上回ったことが買い注文を後押ししました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  2. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  3. IT大手の米Googleは11日、ブラジルで携帯電話の盗難対策となる新機能の提供を発表しました。同国…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る