中国の民間企業がスペースXより先にメタンロケットの打ち上げに成功 世界初の偉業

中国の民間宇宙開発企業、藍箭航天(LandSpace)が歴史的な偉業を達成しました。同社が開発したメタン燃料を使用したロケット「朱雀2号」の打ち上げが成功。スペースXを差し置いて、メタンロケットの打ち上げとして世界初の試みとなりました。

メタンロケットの打ち上げは、ゴビ砂漠に位置する酒泉衛星発射センターから7月12日に行われ、メタンと液体酸素を燃料にする朱雀2号の軌道進行は、米宇宙軍も確認済みです。

このメタンロケットは世界中から注目されており、その理由はメタン燃料による数々の利点が見込まれるからです。安全性と製造コストの低さ、エンジンの再利用可能性、そして完全燃焼による残留物の排除。これらはメタン燃料による大きなメリットと言えます。

また朱雀2号の成功は、ほかのロケット開発プロジェクトにとっても重要な意味を持ちます。「Starship」や「Terran-1」、「Terran R」、「Neutron」、「New Glenn」などのロケットがメタン燃料への移行を検討している中、朱雀2号が一番乗りでメタンエンジンの成功を成し遂げました。

政府が民間宇宙関連企業への投資を許可したこともあり、ここ最近は中国の宇宙産業が驚くべき速度で成長しています。

藍箭航天のロケット打ち上げは今回で2回目 1回目は失敗

今回、藍箭航天がロケットを打ち上げたのは2回目であり、2022年12月14日に行われた1回目の打ち上げは失敗に終わっています。今回の結果は、同社の粘り強い努力の証と言えるでしょう。

この歴史的な快挙はただの偉業ではなく、世界の宇宙開発において非常に重大な出来事であり、時代の転換点になるとも言われています。なぜなら、この成果は国家によるものではなく、民間企業によって達成されたものであるからです。

世界の舞台で活躍する民間宇宙開発企業の一角を占める中国のポテンシャルを示す事例となり、今後は民間企業への注目度がさらに高まります。そもそも藍箭航天は、2015年に設立された北京に拠点を置くベンチャー企業です。

清華大学発のスタートアップとして始まって以来、国や民間の投資を受けて研究開発を進めています。北京に研究開発センターを設け、甘粛省北西部の酒泉衛星発射センターには自社の施設を構えています。

中国が誇るロケットベンチャーの中でも、頭ひとつ抜きん出た存在として、その名を世界中に轟かせました。「素晴らしい。東アジアの栄光ですね」などの声もあがっており、今後の藍箭航天の動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る