大浴場「大丸別荘」に警察の家宅捜索 山田真前社長を刑事告発 その後死亡

福岡県筑紫野市の老舗旅館「二日市温泉 大丸別荘」に警察の家宅捜索が入りました。大浴場の衛生管理を怠り、福岡県に虚偽の報告をしていたとして、県警は10日の朝に家宅捜索を実行しました。

県警の捜索では、従業員の勤務状況や指示命令が分かる関係資料を押収。また、浴場のメンテナンス状況について詳しく調べたとしています。

今回捜索が入った大丸別荘は、県の条例で週1回の実施が決められている「循環式の大浴場の湯の交換」を年2回しか行っていませんでした。さらに消毒用の塩素の投入も怠っていたことから、去年11月には大浴場の湯から基準値の最大3,700倍のレジオネラ属菌が検出されています。

福岡県への報告は完全なる虚偽だったとして、県は大丸別荘と山田真前社長を刑事告発しました。山田真前社長は2月28日に「大した菌ではないと考えていた」と謝罪し、その後に引責辞任しました。

8日の会見で福岡県の担当者は、「入浴施設全体に対する信用を失墜するような行為。強い危機感を持っている」と語っています。

大丸別荘の山田真前社長が死亡|車のなかから遺書が見つかる

警察の家宅捜索が入った大丸別荘の前副社長である山田真氏が、12日の朝に死亡していることがわかりました。警察によると、12日午前7時頃に市内の山道で通行人が発見したとのことです。

遺体の近くには山田真前社長本人の車があり、「申し訳ない」「全て自らの不徳のいたすところ」「あとはたのむ」などと書かれた遺書のような手書きのメモが見つかりました。現時点で警察は、今回の1件を自殺とみています。

死亡する前の2月28日、山田真前社長は報道を受けて福岡市内で記者会見を行いましたが、そこでの説明に強い批判が起きていました。説明の内容としては、湯の入れ替えを怠ったのは自らの指示であることを前提に置き、「レジオネラ菌がたいした菌じゃないという先入観があった」「塩素の臭いが自分の体質に合わずに嫌いだった」などが挙げられます。

事態を重く受け止めた福岡県は、山田真前社長を8日に公衆浴場法違反の疑いで刑事告発し、10日に同旅館と山田真前社長の家宅捜索を実施しました。これら一連の流れが強いストレスとなり、山田真前社長の自殺を招いたと予想されています。

今回の1件に対してネット上では、「この人は本当に追い込まれていたんだと思う」「責任を取ることと死ぬことは違うと思う」「あとの従業員のことも考えてほしい」など、賛否の意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大手コンビニチェーンのローソンは国内の業績が好調で、大幅な増収増益となり、営業収益と最終利益でファミ…
  2. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)
    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る