楽天グループ、約2,650億円のドル建て社債を発行 実質利回りは12%超

楽天グループは1月31日、18億ドル(約2,650億円)のドル建て社債を発行することを発表しました。この発行は、日本企業が行うドル建て債券としては過去最高の利回りを記録し、投資家からの強い需要を引きつけました。

社債の償還期間は3年で、発行利率は11.25%、発行価格と額面価格との差を考慮した実質利回りは12.125%に達します。これにより、楽天グループの資金繰りに対する市場の懸念は一時的に後退しました。

S&Pグローバル・レーティングによって「BB」と評価された楽天グループの社債は、「ジャンク債」に分類されます。しかし、そのハイリスク・ハイリターンの特性が海外投資家の関心を集め、当初想定されていた10億ドルから発行額が増額されました。利回りも、当初提示していた約12.5%を下回っています。

SBI証券の森行眞司シニアアナリストは、この資金調達により楽天グループの最大の懸念点であった資金繰り問題が解消されたとみており、「フェーズが変わった」との見解を示しました。また、赤字縮小と業績回復が見込まれる中、将来的には繰り上げ償還や借り換えが可能になり、さらなる利払い余力が生まれるとしています。

楽天グループの広報担当者も、投資家の強い需要を背景に発行額を増やしたことを確認しており、市場が発行条件を決定することを強調しました。

楽天グループ、今後2年間で約8,400億円の社債償還が控える

楽天グループの社債発行は海外投資家からの強い需要を示すもので、発行時よりも低い利回り10.75%程度で取引されています。これは、リスクを上回るリターンがあれば、海外では積極的に投資される傾向にあることを反映しています。

特に楽天グループの社債は、今回の資金調達を通じて2024年に満期を迎えるドル建てシニア債の全額借り換えを目指しており、この戦略が高い発行利回りに繋がっているものの、将来的に利払い負担の増加に繋がる懸念も指摘されています。

ブルームバーグ・インテリジェンスによると、ドル建て債の償還時期の延期は短期的には借り換えニーズを減らしますが、2027年のユーロ建て永久劣後債の早期償還の見送りリスクを高める可能性があるとのことです。

楽天グループとグループ会社において、今後2年間で約8,400億円の社債償還が控えており、モバイル事業の黒字化が急務です。三木谷浩史社長は法人市場への積極的な営業活動と、電波の繋がりやすい「プラチナバンド」の導入を通じて、この課題に対応する方針を示しました。

野村証券の分析では、楽天モバイルの競争力の鍵はその低価格の料金プランと、今後どのようにネットワーク品質を消費者に訴求できるかにあるとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 最近の研究により、バイアグラなどの男性機能不全(ED)治療薬を服用する男性が、アルツハイマー病の発症…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIとコールドスリープ」(ライター:ネ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…

過去よく見られている記事

  1. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る