KDDIがローソンに株式公開買い付け(TOB) 4,971億円で48%のローソン株を取得

KDDIは6日、コンビニ大手のローソンに対して株式公開買い付け(TOB)を行い、約50%の株式を取得すると発表しました。この動きにより、ローソンは三菱商事とKDDIの共同経営下に入ります。

共同経営の主な目的は、コンビニの実店舗とKDDIの通信技術を組み合わせることで、金融サービスやネット通販など、さまざまなサービスを強化することにあります。ローソンの竹増貞信社長は、「通信・デジタル技術を持つKDDIからの提案は、我々が進む将来への大きな力になる」と、資本提携の重要性を強調しました。

ローソンの株式は現在、三菱商事が50.06%、KDDIが2.11%を保有しています。KDDIの計画では、約4,971億円を投じて残り約48%のローソン株を取得する予定です。TOB成立後には、ローソンは上場廃止となる見込みです。

三菱商事、KDDI、ローソンはすでに資本業務提携を結び、9月を目処に手続きを完了します。ローソンはデジタル技術を活用した新たなサービスを提供し、KDDIは携帯電話市場の成熟と共に、ローソンとの協業を通じて事業の多角化を図る方針です。

資本提携によって実現するテーマ、「リアル、デジタル、グリーン」

KDDIとローソンの資本提携によって実現するテーマについて、KDDIの髙橋誠社長は「リアル、デジタル、グリーン」だと語っています。具体的には、ローソンとKDDIが全国に持つ約1万7,000の拠点を利用して、オンライン診断後の服薬指導や薬の受け渡し、KDDIの各種金融サービスやスマートフォンのサポートなど、多岐にわたるサービスの提供を計画しています。

会見中には「1万7,000の拠点でスマホを売りたいということでは決してありません」と髙橋誠社長は述べ、ローソンの店舗が単なるauショップになることを否定しました。また、ローソンの日々の購買データとKDDIの通信契約者のデータを組み合わせることで、新しい購買サービスの開発、商品需要の予測、配送効率の向上に取り組む予定です。

ローソンの竹増貞信社長は、この件について「究極的にはコンビニとECが世の中にあれば、買い物は成り立っていくと考えている」とコメントしています。また、その上で「(そのためには)テックが必要で、通信で繋ぐ必要がある。KDDIと協業する成果を早いタイミングで実現していく」と述べました。

三菱商事の中西勝也社長も、デジタル技術の統合によるシナジー効果に期待を寄せ、「GAFAL(ガーファル)を目指していきたい」という新たな目標に言及しました。資本提携による今後の動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  3. トヨタ自動車は今夏にも、特定の条件下で人が運転に関わらない「レベル4」の自動運転サービスを始める予定…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  3. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る