Apple新作「iPhone 14」が登場!旧シリーズと比べてさらに値上がり?

米Appleは、9月8日午前2時(日本時間)から行われたAppleイベント「Far Out」にて「iPhone 14」を発表しました。今回のラインナップは通常の「iPhone 14」に加え、「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「Phone 14 Pro Max」の全4種が展開されます。

「iPhone 13」シリーズにあった「mini」が廃止され、代わりに通常の「iPhone 14」にPlusが登場しました。また、新色として通常モデルには「パープル」が、Proモデルには「ディープパープル」が追加されます。

最新シリーズの予約は、9月9日午後9時から開始。9月16日以降に順次発売される予定です。

「iPhone 14」シリーズの気になる販売価格

円安の影響を受け、今年7月にApple製品の大幅値上げが行われました。それに伴い、今回発売した「iPhone 14」シリーズの価格は、過去シリーズと比べてさらに高騰しています。Appleストアで販売される「iPhone 14」シリーズの価格は以下の通りです。

機種容量販売価格(税込)
iPhone 14128GB/256GB/512GB119,800円/134,800円/164,800円
iPhone 14 Plus128GB/256GB/512GB134,800円/149,800円/179,800円
iPhone 14 Pro128GB/256GB/512GB/1TB149,800円/164,800円/194,800円/224,800円
iPhone 14 Pro Max128GB/256GB/512GB/1TB164,800円/179,800円/209,800円/239,800円

「iPhone 13」シリーズと比べると、およそ2,000円〜5,000円値上がりしています。ただし、「iPhone 14」シリーズの発売に伴い、「iPhone 13」シリーズは約10,000円値下げされました。

「iPhone 13」シリーズと性能がほとんど変わらない

9月8日に新型iPhoneが発表されましたが、Appleユーザーからの評判はあまり高くありません。なぜなら、今回発表された「iPhone 14」シリーズは、「iPhone 13」シリーズと性能の差がほとんどないためです。

Proモデルのみノッチが小さくなり、A16チップが搭載されていますが、通常モデルはディスプレイの大きさもチップもほとんど変わりません。また、旧シリーズとのデザイン変更はなく、本体の大きさもまったく同じです。

カメラ性能や安全機能に一部違いはありますが、目新しい変化がないため「これだとiPhone13.1だね」「今回は買う必要ないかも」という声が挙がっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  2. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  3. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…

おすすめ記事

  1. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る