「ムツゴロウ」こと畑 正憲氏が心筋梗塞のため87歳で死去 動物愛や動物王国で有名

「よーし、よしよし」でお馴染みの「ムツゴロウ」こと畑 正憲(はた まさのり)氏が4月5日、心筋梗塞のため午後5時53分に死去しました。87歳でした。

関係者によると、北海道の中標津町の自宅で「胸が痛い」と言って倒れ、その後病院に運ばれ、心筋梗塞のため亡くなったとされます。

6年前から心筋梗塞の症状は現れており、その後は入退院を繰り返していました。最近は自宅療養中だったとのことですが、5日に体調が急変しました。

畑 正憲氏は1935年福岡市生まれで、東京大学大学院で運動生理学を研究したあと、サラリーマン生活を経て作家に転身。その後、北海道で動物と触れ合える「ムツゴロウ動物王国」を設立しました。

動物と触れ合う際の「よーし、よしよし」というセリフが印象的。2000年にはテレビ番組の収録中、ライオンに指を噛み切られることでも話題となりました。

そのときも畑 正憲氏はライオンを責めることなく、動物に対する寛大な心、あるいは愛を忘れず、情熱的に接していました。この姿勢が、多くの視聴者を虜にしています。

最近は動物たちとの交流をテーマに、執筆や講演活動を続けていたとのことです。なお、畑 正憲氏の死去に対してネット上では、「子供の頃、この人に影響を受けて動物が大好きになりました」「まさに動物愛そのものの人でした」「ムツゴロウさんがいなくなるのはとても悲しい」などの声が寄せられています。

畑 正憲氏とは?趣味は麻雀で大のヘビースモーカー

「ムツゴロウ」こと畑 正憲氏と聞くと、多くの人が「動物愛が素晴らしい人」とイメージするでしょう。しかし、畑 正憲氏は少し意外な一面も持ち合わせています。

まず畑 正憲氏は麻雀が大好きです。日本プロ麻雀連盟BOOKSの『ムツゴロウ畑正憲の精密麻雀』を自身で執筆するほどで、さらに日本プロ麻雀連盟初代十段位(全3期優勝)。また、麻雀界初のリーグ戦形式のタイトル戦「最高位戦」の発案者でもあります。

そして畑 正憲氏は大のヘビースモーカーであり、ペースメーカーを入れてもなお、タバコをやめずに愛し続けたとのことです。

一部の人からは、「こんなにも不摂生な生活をしていたのか」と言われてることもありますが、畑 正憲氏は自分の好きなことを行い、何より自由に生きていたことから、「亡くなったのはショックだけど、幸せだったと思う」「俺もそんな人生を送りたい」など、畑 正憲氏の生き方を絶賛する意見が多く見られました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  2. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  3. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…

おすすめ記事

  1. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る