第4回ライティングコンテスト佳作

AIは将来どうなっていくのだろうか。

漫画やアニメのように人が魔法のように火や水を出せるようになっているのかもしれない。現代にあるVRゲームのように何か装置をつけなくても、肌身のまま魔法のように様々なものが出せるようになる時代がきてもおかしくはない。

よく映画では手の中にICチップを埋め込んでお金を管理する、そんな未来を予測したものがある。それが未来にはもっと複雑なものになっているかもしれない。例えば、体内にAIの学習プログラムがあるICチップを組み込んだらどうなるか。

「水を出せ」と言ったら手から水が出るかもしれない。「火を出せ」と言ったら自由自在に炎を出し、操れるかもしれない。それほどAIの学習プログラムの可能性は無限だ。

今あるVRゲームですら、昔には「ゲームを自分の体を使ってプレイできる」なんて考えにくいものだった。それが今となっては日常にありふれている。こうなると将来は今からではとても想像つかないことができるようにもなっているように思える。

ドラえもんのポケットから出てくる道具のように目新しいアイテムも発売されるかもしれない。医療の現場だと、今では治療に多くの時間を要する透析。一般的な血液透析は週3回透析施設に通い、1回あたり4~5時間を要する。こんな大変な治療が、もし将来「透析シール」というものができたらどうだろう。透析に必要な時間にそのシールを貼るだけで1回の治療をしたことになったらどんなに便利だろうか。

わたしが欲しいものは、自分の経験を映像でそのまま他人に見てもらうものだ。例えば、トラウマの被害者が加害者に自分目線の出来事の道筋を全て映像で映し出し、周りの人に見てもらい理解してもらう。加害者に見せるとやっと被害者目線で考えることができるだろう。反対に加害者目線で被害者に出来事を見てもらうと、得策ではない場合もあるが、どうしてこんなことをしたのか原因がわかることもある。

それに、その問題が学校でのいじめだとしよう。そうすると第3者にそれぞれが見た映像を見てもらい、状況の理解に時間を取られず、また真実もわかる。隠し事なんてできない世の中になる。そんなものが出てきたら、誤解をされることも少なくなるだろう。その人が見た真実がそのままの映像で見えるのだから。

もうひとつ、未来にあっていて欲しいものは「人の気持ちがすぐに伝わる」テレパシーのようなものだ。人はみんな素直な人ばかりではない、プライドが邪魔をしてなかなか肯定できない人もいれば、恥ずかしがりやの人だっている。そのようなときに相手の思っている言葉がはっきりわかれば、それが言動と一致しているか、もしくは何か事情があるのか。そんな人付き合いで出てきやすい悩みも解消されるかもしれない。

そうなると、困った点も1つ出てくる。周りに思っていることが隠せないということだ。普段から自分の考えを抑え、相手に合わせることでうまくいっている関係もあったりするだろう。しかし、物事をあまりにクリーンにしすぎてしまうとそれはそれで敵を作る可能性があるのだ。

恋愛であれば、相手に好きな気持ちが隠せなくなるかもしれない。素直な性格であれば、早く成就するのに越したことはないのでいいのかもしれないが、周囲の人にまでバレてしまう。そこでスキな人が友達と被っていたりすると、面倒なことになるかもしれない。

今からは考えられないものであれば、「人が死後に復活する」ということだ。亡くなる前に、その人体にAIの学習システムがあるICチップを埋め込む。そうすると死後に人体の細胞が活性化され、生き返ることがあるかもしれない。会いたい人がいる人にとってはそんな未来は願ってもないことだ。

ライター:水嶋 捺

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. LINEヤフーはLINE利用者の大規模な情報漏えい問題を受けて、原因とされる韓国企業ネイバーとの業務…
  2. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…
  3. 渡邊真衣被告、通称「頂き女子りりちゃん」の裁判が3月15日に開かれ、検察は被告に対し懲役13年と罰金…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る