性犯罪被害者を保護するための新制度が施行 逮捕状や起訴状の被害者名を秘匿

性犯罪被害者の保護を強化するための新たな法律が、15日に施行されました。この新制度は、性犯罪などの被害者の名前が起訴状など刑事手続きの書類に記載される際、加害者に秘匿されるというものです。

これにより、被害者が加害者から再び狙われるという再被害のリスクが減少することが期待されています。しかし、この制度には、刑事弁護人から被告側の反証が困難になる可能性があるといった懸念も示されています。

改正刑訴法に基づくこの制度では、主に性犯罪の被告に送る起訴状を抄本にすることが可能となり、警察官が容疑者に示す逮捕状にも氏名などが記載されていない書面を使用します。さらに、弁護人には特定の条件下でのみ被告に知らせない形で氏名などが記載された謄本を提供することになります。

このように、被害者の情報保護と被告の防御権のバランスを取りながら、被害者への再被害防止を目指しています。この新制度の導入は、被害者のプライバシー保護と安全を確保する重要なステップです。

新制度が始まったことに対して、ネット上では「被害者のプライバシー保護が進むのは良いこと」「加害者に対してもっと厳格化してほしい」「被害者の希望に沿えば良いだけだと思う」などの意見が寄せられています。

刑事弁護を専門とする弁護士「冤罪を生む可能性」

性犯罪被害者の保護を目的とした新たな法律の施行が社会に与える影響は多岐にわたります。性暴力撲滅に取り組むNPO法人「しあわせなみだ」の中野宏美理事は、「被害者の心理的負担を減らす上での秘匿の効果は非常に大きい」と強調します。

一方で、現行の性犯罪に関する起訴率は約3割に留まっており、被害者が自身の氏名が加害者に知られることを恐れて不起訴を望むケースも少なくありません。このような背景から、改正法の施行は被害者の泣き寝入りを防ぎ、より厳格な処罰を可能にすると期待されています。

しかし、刑事弁護を専門とする久保有希子弁護士は、「被告が『全く身に覚えがない』と主張した場合、被告と被害者の関係や被害申告の理由を調べる必要があるが、被告が被害者名を把握できないと調査が難しい」とした上で、「その結果として冤罪が生まれる可能性もある」と指摘しています。

また、刑事訴訟法に詳しい辻本典央教授も、弁護活動に支障が出る可能性があると指摘し、検察官には説明責任が必要となると話しました。さらに、改正法が性犯罪だけでなく「被害者や遺族らの名誉が著しく害される恐れのある事件」にも適用される点には懸念が示されており、刑事手続きの過度な匿名化が市民の「知る権利」に影響を及ぼす可能性があるとの見方もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大阪市は27日、小林製薬に対して健康被害の報告を受けた「紅麹コレステヘルプ」など3種類のサプリメント…
  2. JR東海は「リニア中央新幹線」の2027年の開業目標を公式に断念しました。会社では静岡の工事に約10…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る