JR東海のリニア中央新幹線、2027年開業を断念 「実現できる状況にはない」と明言

JR東海は「リニア中央新幹線」の2027年の開業目標を公式に断念しました。会社では静岡の工事に約10年かかるとしており、仮にすぐに着工できた場合でも開業は2034年以降になる見込みです。

この計画は以前から2027年以降と修正されていましたが、JR東海の丹羽俊介社長は国土交通省での専門家会議にて、「2027年の名古屋までの開業は実現できる状況にはない」と明確にしました。この背景には、静岡県での工事が環境問題などにより着工できておらず、工事契約の締結後6年4ヶ月が経過しても進展がない状況があります。

丹羽俊介社長は、「一日でも早く着工できるよう全力を尽くしたい。地域の方々の理解を得られるように双方向のコミュニケーションを大切に真摯に取り組んでいく」と述べ、引き続き解決に向けた取り組みを進める姿勢を強調しました。

ネット上では、「このような国益や国家競争力に直接関わる事業を地方自治体の力で止めてしまって良いのかと思う」「このまま放っておいても永遠に先に進むことはないのは明白」「無理に静岡通る必要ないよね」などの意見が寄せられています。

愛知、岐阜、三重の東海3県の知事がコメントを発表

JR東海の丹羽俊介社長は、会議後の取材で「残念ながら、品川ー名古屋間の2027年の開業は実現できない。静岡工区の着工の遅れが開業の遅れに直結するものなので、一日でも早く静岡工区を着工できるように全力を尽くしてまいりたい」と述べました。

また、林官房長官も記者会見にて「引き続きJR東海に対し、早期開業に向けた努力を促すとともに、JR東海と静岡県の協議の状況を確認しつつ、静岡県をはじめとする関係自治体との一層の対話を促すなど、品川ー名古屋間の早期開業に向けた環境整備を進めていきたい」とコメントしています。

さらに、リニア中央新幹線の2027年開業断念の方針を受けて、愛知、岐阜、三重の東海3県の知事がコメントを発表しています。愛知県の大村秀章知事は、「沿線自治体の思いは切なるものがある。関係者が一丸となり、一日も早い全線開業の実現に取り組んでいく」とコメント。

岐阜県の古田肇知事は、「引き続き課題を一つ一つ丁寧に解決し、品川―名古屋間のできるだけ早い時期での開業を目指していただきたい」と語り、三重県の一見勝之知事は「開業の遅れはわが国の国益を損なっているのではないか。一刻も早く課題解決が図られるとともに、開業時期が明確になることを強く期待している」と、自身の考えを示しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…
  2. 静岡県の川勝平太知事は4月2日、自身の辞意を表明しました。午後6時から始まった会見で「職業差別は皆無…
  3. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…

過去よく見られている記事

  1. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  2. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  3. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る