大谷選手の元通訳である水原一平氏、24億超の不正送金 銀行詐欺の疑いで訴追

ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不正に電子送金した銀行詐欺の疑いで訴追されたことが分かりました。11日に米国の連邦検察などが会見を開き、この事実が明らかになりました。

捜査当局によると、大谷翔平選手の銀行口座の連絡先が水原氏のものに変更されていたほか、水原一平氏が大谷翔平選手になりすまし、銀行との送金承認のやりとりをしていた記録が残っているとのことです。

米捜査当局は「この件で大谷選手は被害者だということだ」と会見で強調しました。大谷翔平選手がこの不正に関与していた証拠は見つかっておらず、水原一平氏が胴元との間で大谷翔平選手からの金銭盗難を認めるやりとりがあったことも明らかにされました。

ネット上では、「鳥肌が立ってくる位、悪質だと思う」「今わかってる送金額が24億ってだけでまだ増えるでしょう」「大谷選手が被害者であることが証明されて良かった」などの意見が寄せられています。

2024年1月までに約1万9,000回のギャンブル 総損失は約62億円

司法当局によると、水原一平氏は2021年11月から2024年1月にかけて、違法ブックメーカーが運営するギャンブルの巨額の借金を支払うために、大谷翔平選手の口座から無断で複数回にわたり送金を行っていました。その総額は1,600万ドル(約24億5,000万円)以上に上ります。

この背景には2018年、当時英語を話せなかった大谷翔平選手が、米アリゾナ州の銀行支店で口座を開設した際、水原一平氏が同行していた事実があります。大谷翔平選手は自らの給与をこの口座に預けていましたが、水原一平氏に管理権を与えたことは一度もありませんでした。

にも関わらず、水原一平氏は大谷翔平選手の「事実上のマネジャー」として、彼の信頼を利用し、財務関係に独自のアクセス権を持っていました。さらに、水原一平氏は2021年12月から2024年1月にかけて約1万9,000回に及ぶ賭けを行っており、その総損失は約4,070万ドル(約62億円)にも上ります。

大谷翔平選手は警察の聴取で、これらの電子送金に対する許可を一切否定しており、司法当局は「大谷氏は携帯電話を警察に提出した。そして警察は、水原氏の違法賭博行為や借金の支払いに関し、大谷氏が把握あるいは関与していた証拠は一切なかったと判断した」と結論付けました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る