YouTuberのヒカキンとナムが再コラボ 超高級カレーを100人に炊き出し

大人気YouTuberヒカキン氏とホームレスYouTuberナム氏のコラボ動画が注目を集めています。初めてこの2人がコラボをしたのは11月で、その後の12月21日に再びコラボ動画が投稿されました。

動画の内容は、ホームレスや生活困窮者100人に超高級カレーを提供するというものです。以前の動画で2人は「炊き出しをしよう」と約束しており、今回のコラボでその炊き出しが実現しました。

炊き出しのカレーには松阪牛がふんだんに使われ、そのほか玉ねぎや人参、ブロッコリー、ナス、トマト、きのこなど、数種類もの野菜が使われています。さらに米には「魚沼産こしひかり 雪椿」が使われるなど、有名レストランもびっくりの超高級カレーが完成。

動画には、ヒカキン氏とナム氏が仲良くカレーを作っている姿が映されています。なお、カレーに使用した材料はすべてヒカキン氏が用意したとのことです。

カレーの提供時には、エビフライやとんかつ、唐揚げなどのトッピングを2つ選べるという仕組み。当日は大盛況で、おかわりをする人や持ち帰りをする人まで続出しました。

超高級カレーを食べた人たちは、「とてもおいしかったです」「こんなに美味しいカレーを食べたのは初めて」「特別なカレーだった」などの感想を述べました。

長時間の炊き出しが終わったあとは3人で感想会

仕込み時間を合わせると、10時間近くにまで及ぶ炊き出しが終了。その後は、ヒカキン氏とナム氏、ディレクターのヒヤマ氏の3人で感想会が行われました。

感想会のコラボ動画は、ナム氏のチャンネルにて公開されています。感想会の動画は、ヒカキン氏に対するヒヤマ氏の感謝の言葉から始まり、その後はヒカキン氏とナム氏の楽しそうな姿が映し出されています。

長時間の炊き出しで疲れていた2人でしたが、感想を言い合っているうちに自然と笑顔が溢れ、炊き出しの様子や今後の目標を話し合っていました。

また、ヒヤマ氏はナム氏に対し、「ナムさんとYouTubeをはじめていなかったらこんな奇跡も起こらなかったので、ナムさんも本当にありがとうございます」と、感謝の言葉を贈っています。

動画のコメント欄には、「誰かのために行動できる2人に敬意を表する」「本当にお疲れさまでした。心から感謝」「すごい幸せな気分」「定期的にこの2人はコラボしてほしい!」といった、視聴者たちの温かいコメントで溢れていました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る