Amazonと三井不動産系が協業 オートロックでも「置き配」が可能に

アマゾンジャパンは2日、「置き配」拡大による再配達削減に向け、三井不動産レジデンシャルリースと初の協業を発表しました。三井不動産系の賃貸マンションで、配達員が一時的にオートロックの鍵を解除し、各戸の玄関前に「置き配」ができるようにするという内容です。

両者は2日に都内で発表会を行い、全貌を明らかにしました。サービスは三井不動産レジデンシャルリースが運営管理するマンションのうち、オーナーの了承を得た物件から順次導入していくとのことです。

アマゾンロジスティクス事業本部長のアヴァニシュ・ナライン・シング氏は、「業界のトップランナーである三井不動産グループが安全な置き配を選択する判断をしたことは大きな意味がある。マンションへの配達を大きく変えるきっかけになる」と語りました。

Amazonの新サービス「Key for Business」の特徴・メリット

この新サービスの名称は「Key for Business(キー・フォー・ビジネス)」であり、セキュリティ面もしっかり考えられています。Amazonから委託された配送ドライバーは、配達する商品ごとにオートロック解除の承認を受けた専用アプリを使い、マンションのオートロックを解除します。

同じ配送ドライバーでも、配送商品と専用アプリ、システムによる承認がなければオートロックを解除できません。また、Amazonの配送ドライバー以外はこのサービスを利用できないため、一人暮らしの女性などでも安心して利用できます。

「Key for Business」を利用するためには、小型の専用機の取り付けが必要ですが、取り付けや管理はすべてAmazonの認定パートナーが行います。サービスを利用する消費者側は、別途手間をかける必要はありません。

【サービス利用者の主なメリット】

  • 玄関前に商品を届けてもらえるため、帰宅時に両手がふさがっていても大丈夫
  • 在宅中でもインターホンで呼び出されることがなく、玄関まで商品を届けてもらえる
  • 再配達の頻度が少なくなるため、注文した商品が早めに届きやすくなる

このサービスが導入されれば、Amazon利用者の生活が便利になるほか、再配達の頻度が少なくなることから、配送ドライバーの負担も軽減されます。ネット上では、「素晴らしい」「早く導入されてほしい」「対応している物件が少ないのでは」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る