2023年の公示地価を発表 商業地は全国1.8%、住宅地は全国1.4%上昇

国土交通省は22日、全国2万6,000地点を対象とした2023年1月1日時点の公示地価を発表しました。公示地価は住宅地・商業地のいずれも2年連続で上昇し、全用途の全国平均は前年に比べて1.6%上昇しています。

上昇地点は調査対象の全国2万6,000地点のうち、約60%にあたる1万4,849地点に達しました。商業地は全国で1.8%上昇しており、東京23区では千代田、中央、港の都心3区が3年ぶりにプラス。それぞれ2.1%、2.1%、2.8%上がっています。

東京、大阪、名古屋の三大都市圏も2.9%上昇しました。コロナ禍からの経済社会活動の正常化が進み、国内外の観光客が戻りつつあります。それに伴い、ホテルや飲食店など商業地の需要拡大に期待が高まっています。

一方、住宅地は全国で1.4%上昇しました。コロナ禍の影響でテレワークが浸透するなか、都市部でマンション価格が高騰しています。大型再開発や交通インフラの整備が進む札幌、仙台、広島、福岡の地方4市でも上昇率が拡大。

地方4市では全用途平均で8.5%上がっており、地方4市以外にも、プロ野球の新球場開業で人気上昇中の北海道北広島市など、4市の周辺も上昇傾向にあります。4市を除く地方圏は、住宅地が28年ぶりにプラスとなりました。

なお、全国で上昇率が最も高かったのは北海道北広島市で、商業地で28.4%、住宅地で30%、前年度を上回りました。

公示地価が最も高い場所|住宅地・商業地

多くの地域で公示地価が上昇しましたが、最も公示地価が高い場所は一体どこなのでしょうか?本項では、公示地価が最も高い場所を住宅地と商業地に分けて紹介します。

【公示地価が最も高い住宅地】

順位標準値の住所令和5年公示価格
1位東京都港区赤坂1丁目1424番1512万円
2位東京都千代田区六番町6番1外428万円
3位東京都港区白金台3丁目55番4外399万円
4位東京都港区南麻布4丁目12番1375万円
5位東京都港区南麻布1丁目35番1外339万円

【公示地価が最も高い商業地】

順位標準値の住所令和5年公示価格
1位東京都中央区銀座4丁目2番4(山野楽器銀座本店)5,380万円
2位東京都中央区銀座5丁目103番16(対鶴館ビル)4,600万円
3位東京都中央区銀座2丁目2番19外(明治屋銀座ビル)3,950万円
4位東京都中央区銀座7丁目1番2外(ZARA)3,860万円
5位東京都千代田区丸の内2丁目2番1外(丸の内ビルディング)3,670万円

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 日本製鋼所が、防衛省から装甲車26両を受注したことがわかりました。この受注により、同社の防衛分野の売…
  2. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  3. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る