NASAがUAP(未確認空中現象)の調査報告書を公開 「適切なデータ収集が必要」

NASAの有識者研究会は14日、UAP(未確認空中現象)に関する調査結果を報告書として公開しました。この報告書では、利用可能な情報の質は低く、科学的な結論を導き出すには不十分であるとしています。その上で、「適切なデータ収集が必要だ」との指摘がされました。

UFO(未確認飛行物体)として一般的に知られていたものは、現在「UAP」として称されるようになりました。このUAPに対する関心は長らく多くの人々を引きつけており、近年ではアメリカ海軍によるUAPの動画の公開が注目を集めました。

NASAはこの問題に関する研究を進めるため、研究責任者を配置する方針を発表。さらに、報告書は過去の報告事例の評価はしていませんが、「現在までに専門家の査読を受けた論文には、UAPが地球外生命体によるものだとの証拠はない。目撃証言は興味深いが再現性はなく、結論を導くだけの情報に欠ける」と記載した上で、「並外れた主張には、並外れた根拠が必要だ」との立場を強調しています。

また、NASAのネルソン局長は記者会見で、「議論をセンセーショナリズムから科学に移行させることが目的の1つだった」と明言しました。報告書では、人工衛星を活用した事例収集や目撃条件の特定が可能だとしています。

米国防総省がUFOとUAPに関するWebサイトを立ち上げ

米国防総省(DoD)は8月31日、UFOとUAPに関する目撃情報を公開する専用のWebサイトを立ち上げました。同サイトには、米空軍などによって撮影されたUAPに関する動画が投稿されています。

また、1945年以降にUAP関連の政府活動に携わった政府職員や軍人らによる情報が掲載され、今後はより広範囲の人々の目撃情報も公開される予定です。現在、Webサイトには8本のUAP動画が公開されており、この中には米海軍のF/A-18ジェット戦闘機が2015年に撮影した円形型の物体の映像も含まれています。

この物体は時速220kmで風を切って飛行しており、パイロットからは「その物体は決して超常現象ではなく、リアルな人工物だった、それは確かだ」との声が寄せられています。そのほか、中東や南アジアの無人攻撃機MQ-9リーパーによる動画3本も公開中です。

これらの動画は同サイトからダウンロード可能で、さらに「UAPレポーティング・トレンド」も掲載されており、UAPの飛行高度、形状、速度などの詳細情報が紹介されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る