2022年の小中高生の自殺者数が過去最多の514人 自殺原因で最も多いのは学業不振

厚生労働省と警察庁は3月14日、「令和4年中における自殺の状況」を公表しました。これによると、2022年の小中高生の自殺者数は514人で、1980年に統計を開始してから初めて500人を超え、過去最多となりました。

令和4年の自殺者数は合計21,881人であり、前年と比べて874人(4.2%)増加しています。また男女別で見ると、男性は13年ぶりに増加。一方で女性は3年連続で増加しており、男性の自殺者数は女性の約2.1倍となりました。

なお、2022年の自殺者のうち学生・生徒などは1,063人で、その内訳は以下の通りです。

  • 小学生17人
  • 中学生143人
  • 高校生(全日制)259人
  • 高校生(定時制・通信制)89人
  • 高校生(特別支援学級)6人
  • 大学生(学部)380人
  • 大学生(夜間学部)4人
  • 大学生(その他・不詳)54人
  • 予備校生10人
  • 専修学校等101人

自殺の原因・背景については、多様かつ複合的な原因及び背景があるとされており、さまざまな要因が連鎖するなかで自殺が起こっているとのことです。小中高生の自殺原因で最も多かったのは、学業不振で83人。次点で、進路に関する悩みで60人でした。

そのほか、病気の悩み・影響(その他の精神疾患)が56人、学友との不和(いじめ以外)が49人、うつ病の悩み・影響が44人、親子関係の不和が40人と続いています。以前から学校でのいじめ問題が大きく報道されていますが、統計では学業不振や進路の悩み、家庭内の不和が動機の上位を占めるとのことです。

東京都庁で自殺予防策を担当する向山倫子氏は、「自殺の理由はわからない領域が非常に大きく、色んな要因を積み重ねていることが多い」と語り、その上で「的外れな対策をとらないために、国レベルでの理由の分析は必要だ」とコメントしました。

子供向けの電話相談窓口は大きく3つ存在する

小中高生の自殺者数が過去最多となったいま、若年層の自殺問題が大きな話題となっています。そんななか、厚生労働省は以下3つの子供向け電話相談窓口を紹介しています。

【チャイルドライン】

18歳までの子ども専用の電話窓口。チャット相談も可能。

電話番号0120-99-7777
実施日時毎日午後4時〜午後9時
ホームページチャイルドライン(特定非営利活動法人(NPO法人) チャイルドライン支援センター)

【子供のSOSの相談窓口】

24時間電話可能のSOSダイヤル。少年相談窓口などの情報もある。

電話番号0120-0-78310
ホームページ子供(こども)のSOSの相談窓口(そうだんまどぐち)(文部科学省)

【子どもの人権110番(法務省)】

法務局・地方法務局の職員、または人権擁護委員が話を聞き、一緒に解決策を考えてくれる。相談は無料で、相談内容の秘密は厳守。

電話番号0120-007-110
実施日時平日午前8時30分〜午後5時15分
ホームページ子どもの人権110番(法務省)

なお、厚生労働省の公式HPでは、子供向けの電話相談窓口以外にも、「いのちSOS」や「よりそいホットライン」、「いのちの電話」、「こころの健康相談統一ダイヤル」なども紹介されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  2. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…

おすすめ記事

  1. 2023-11-1

    米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

    シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコ…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る