毎秒1テラビット単位のデータ転送に成功 レーザー通信による驚異的な実験内容

スイス・チューリッヒ工科大学の科学者が、レーザー通信を使った驚異的な実験に成功しました。その内容は、首都ベルンからユングフラウヨッホまで53キロを結んだレーザー通信で、毎秒1テラビット単位のデータ転送に成功したというものです。

欧州光通信会議で発表されたこの実験は、2014年から800億ユーロ(当時で約9兆8,000億円)を投じて実施された全ヨーロッパ規模の研究プロジェクト「Horizon2020」の一環として行われました。

インターネットのバックボーン、つまりインターネットを支える主要なネットワークは、光ファイバーケーブルによって形成されています。大陸間の接続は海底ケーブルを用いて行われており、この海底ケーブルの敷設には多額の費用がかかります。

しかし、テラビット単位のレーザー通信が可能になることで、海底ケーブルを使うよりもコスト効率が良く、かつ高速なバックボーン接続ができるようになると期待されているのです。

この研究が成功した背景には、チューリッヒ工科大学電磁場研究所のヤニク・ホルスト教授の活躍があります。彼は「光データ転送において、ベルン大学ツィマーヴァルト天文台とユングフラウヨッホの高地研究基地を結ぶテストルートは、衛星と地上局を結ぶルートよりも困難があるといえます」と語りました。

レーダー通信とは?データ通信の未来への影響

レーザー通信は、既存の衛星通信と比較しても非常に高速な転送が可能です。また、信号強度の維持のため、直径数十センチの望遠鏡から変調された状態で発信されます。

そして、フランス国立航空宇宙研究所の技術を使用して、光波の位相を毎秒1,500回修正し、信号強度を約500倍に改善する手法が取り入れられました。

チューリッヒ工科大学電磁場研究所長のユルク・ロイトホルト教授も、この進歩について興奮を示しており、「我々のシステムは画期的な進歩です。これまでは、数ギガビットの狭い帯域幅で長距離を接続するか、広い帯域幅の自由空間レーザー通信で数メートルの短距離を接続するかの2つの選択肢しかありませんでした」と述べています。

今回の新システムは、単一波長で毎秒1テラビットを実現可能であり、さらに今後は標準技術を用いて40チャネルにすることで、毎秒40テラビットまで簡単に拡張できるとのことです。今後のデータ通信への影響に期待が高まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大手コンビニチェーンのローソンは国内の業績が好調で、大幅な増収増益となり、営業収益と最終利益でファミ…
  2. イスラエルメディアは日本時間14日、イランがイスラエルに対して多数のドローンと巡航ミサイルを発射した…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏
    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る