武尊、K-1およびKRESTとの契約解除を報告 「残りの格闘家人生、全力で戦います」

1日、日本のキックボクサーである武尊が、K-1およびKRESTとの契約を解除したことを、自身のSNSアカウントで報告しました。武尊は「いつも応援してくれている皆様にご報告をさせて頂きます」と前置きをしたあと、「契約満了に伴い10月31日付でK-1及びKRESTとの契約を解除させて頂きました」と報告。

続けて、「これからは一格闘家の武尊として 国や団体の垣根なく挑戦して 格闘技界が更にたくさんの人に夢やパワーを与えられる業界になるように 残りの格闘家人生、全力で戦います」と、格闘家としての熱意を語りました。

Twitterでは上記の文章に加えて、「これからも応援よろしくお願いします!そしてこれからも変わらずK-1、KRESTの応援もよろしくお願いします」と述べています。

武尊は2011年9月にプロデビューし、K-1史上初の3階級制覇を成し遂げました。2022年6月には那須川天心と対戦。その後の同年6月27日、都内で行った記者会見にて、K−1のベルト返上と格闘家として休養することを発表しました。

なお、11月6日にはキックボクシングイベント「GAINA魂」にて、エキシビジョンマッチが予定されています。

武尊の契約解除に対するファンたちの反応

武尊がインスタグラムとTwitterで契約解除の報告をすると、武尊のファンたちは以下のような反応を示しました。

  • 今後も武尊選手を応援させていただきます!
  • 長い間お疲れさまでした
  • これからの新しい武尊選手をずっと応援します
  • どこまでも武尊さんについていきます!
  • 頑張ってください!

武尊の今後の活躍を応援するコメントが多数寄せられました。なかには「やはりもうK-1のリングに立つつもりはなかったのですね」「非常に残念です」と、悲しむ声もあがっています。

11月6日に行われる「武尊VS晃貴」のエキシビションマッチ

11月6日には武尊の地元にて、スペシャルエキシビジョンマッチとして2分×2ラウンドの試合が行われます。エキシビジョンなので勝敗はつかないものの、真剣勝負の試合が繰り広げられるとのことです。

武尊はこの試合について、10月26日にInstagramストーリーズで「久しぶりの地元での試合、そして高校生の頃初めてキックボクシングを教わってお世話になっていたジムの初主催興行ということで 全力で最高の試合を見せます。応援よろしくお願いします!」と、試合への熱意を寄せました。

武尊が言う「最高の試合」とは、どれほどのものなのでしょうか?11月6日に行われる「武尊VS晃貴」の試合に期待が高まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…

おすすめ記事

  1. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る