アルツハイマー病の新たな治療薬が承認 年内の使用開始に期待集まる

21日、厚生労働省の専門部会がアルツハイマー病の新たな治療薬「レカネマブ(商品名:レケンビ)」の製造販売に関する薬事承認を了承しました。この治療薬は、日本の製薬大手エーザイと米国の製薬会社バイオジェンが共同で開発を進めたものです。

今後正式に承認されれば、国内ではアルツハイマー病の原因とされる物質に直接作用して排除する初めての治療薬となります。厚生労働省の公式な承認は近日中に行われる予定で、年内の使用開始が期待されます。

アルツハイマー病は認知症の大部分を占める疾患の1つで、この病気は「アミロイドベータ(Aβ)」という異常なたんぱく質の脳内蓄積が原因とされます。神経細胞が次第に死滅し、その結果として思考や記憶の機能が失われていくと考えられています。

「レカネマブ」の効果として、体内の免疫反応を利用してAβを排除し、病気の進行を遅延させることが期待されています。しかし、一度壊れた神経細胞を修復する効果はないため、根本的な治療とは言えません。

投与対象者は、脳内でAβの蓄積が確認されたアルツハイマー病の初期段階の患者や、軽度認知障害(MCI)の人です。進行度が高い患者はこの対象外となります。

エーザイの臨床試験では症状の悪化が27%低減

エーザイなどの研究グループが行った臨床試験では、約1,800人の参加者を2つのグループに分け、片方にはレカネマブを2週間に1回、もう片方には偽薬を投与しました。1年半後の症状を比べてみると、レカネマブを投与した患者は症状の悪化を27%抑えられていました。

しかし、レカネマブを投与された約2割の患者には、脳の小さな出血や浮腫(むくみ)などの副作用が確認されました。専門家からは「脳に副作用が出ているかどうかをMRIの画像で確かめられるよう、医師は画像を読む訓練をすべきだ」と提言されています。

エーザイは今年の1月に、承認手続きを厚生労働省に申請しました。一定の基準を満たす医薬品の審査を優先的に行う「優先審査」の制度が適用され、手続き期間が短縮されました。エーザイの推計によれば、2030年頃にはMCI患者や早期アルツハイマー病患者の約1%、約6万人にレカネマブが投与されるとのことです。

認知症患者やその家族をサポートする公益社団法人「認知症の人と家族の会」の鎌田松代代表は、「認知症の本人や家族にとって、レカネマブは大きな道を開くものになると思う」と述べています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…
  2. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  3. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る