日産がテスラの充電規格を採用 日本初の試みとしてテスラ社と合意

日産自動車は2025年以降に北米充電規格(NACS)を採用することで、テスラ社と合意したと発表しました。これにより、日本の自動車メーカーとしては初となるNACSの対応を実現します。

2024年から販売開始の「アリア」には、NACS充電アダプターを搭載予定です。これまで急速充電にCCS1規格を使用していたアリアが、新たにNACSのプラグとも互換性を持つこととなります。

また、2025年からは米国・カナダ市場向けの日産のEVに、NACS用充電ポートを標準搭載します。それに伴い、テスラの急速充電ネットワーク(スーパーチャージャー)の利用も可能となる見通しです。

日産自動車のこの決定は、米国でのEV販売比率を2030年までに40%以上にするという長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」における取組内容の一環です。電動モビリティの普及という日産のコミットメントを具現化するものとなっています。

ネット上では、「今更使い勝手の悪いCCS1を採用するのは無意味」「北米はNACSに統一する動きで日産はそれに乗っかっただけでしょ」「チャデモ作った日産が真っ先に動くのが面白い」など、さまざまな意見が寄せられています。

日産自動車が今後採用するNACSの特徴

2022年11月、「テスラスーパーチャージャー」と呼ばれるTPC(Tesla Proprietary Connector)を進化させ、新たな充電規格としてNACS(North American Charging Standard)をテスラの公式サイトで公開しました。

NACSの特徴は、充電コネクタのサイズがCSS規格のものと比べて半分でありながら、パワーは2倍近くあるところです。他の自動車メーカーや充電ネットワーク事業者にとって、新たな可能性を示すものとして注目されています。

NACSの導入は容易であり、用途や通信プロトコルに制約されることなく、純粋な電気的および機械的インターフェースで導入できるとのことです。2023年6月には、北米の非営利団体SAE Internationalが、テスラのNACSを米国の標準規格にすると発表しました。

そして「2025年からすべてのEVをNACSに対応させる」としています。日産自動車がNACSの採用を決めたことは、自動車の利便性や環境保護の観点から、革新的な動きになると言えるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  2. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…
  3. 日本製鋼所が、防衛省から装甲車26両を受注したことがわかりました。この受注により、同社の防衛分野の売…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る