ホンダの新型EV2車種が発表 「0シリーズ」には自動運転技術「レベル3」相当の機能

2026年に北米で発売予定のホンダの自社開発電気自動車(EV)2車種が、9日に初めて公開されました。この発表は、米ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES」にて行われました。ホンダの社長である三部敏宏氏は、新型EVについて「運転する喜びを提供し、モビリティの喜びと自由を次のレベルに引き上げることができると確信している」と自信を見せています。 

ホンダの新型EVは、東京から大阪間に値する約482キロメートル以上の走行距離、そして最先端の自動運転システムを備えており、ホンダのEV戦略において重要な車種となる見込みです。また、2024年には米ゼネラル・モーターズとの共同開発モデルも発売予定ですが、今回の独自開発EVは北米で初の試みとなります。

公開された試作車には、セダン型の「SALOON(サルーン)」とミニバン型の「SPACE HUB(スペース ハブ)」が含まれます。また、ホンダは10日(現地時間9日)に、米ラスベガスで開催中の「CES 2024」にて、2026年に販売を開始する新型EV「0(ゼロ)シリーズ」を発表しました。新たな「H」のロゴも策定され、ホンダの新しい一歩に注目が集まっています。

自動運転技術「レベル3」相当の機能を搭載する予定

ホンダが公開したミニバン型EVには、低い車体と空気抵抗を抑える空力技術が採用されています。このデザインは新幹線を思わせる洗練された外観を持ち、航続距離も300マイル以上を誇ります。

ハイブリッド車で培った電動化技術が基盤となっており、駆動用モーターとインバーターの組み合わせによる「イーアクスル」を導入しています。また、ホンダは電気信号でタイヤ角を変える「ステアバイワイヤ」という技術も初めて導入し、車体の軽量化と安全性の向上に貢献しています。

自動運転技術についても、20年代後半には「レベル3」相当の機能を搭載する計画です。価格や目標台数はまだ明らかにされていませんが、2026年の北米市場での販売開始を目指し、その後は日本やアジアでも販売が開始される予定です。

また、2024年内に韓LGエナジーソリューションとの車載電池合弁工場を完成させる計画で、EV補助金を受けられるようにするとされています。フラッグシップモデル「SALOON」は、公開されたコンセプト車に近い形で量産される見通しです。

同社は2040年までに新車をEVと燃料電池車(FCV)にする電動化戦略を掲げ、この新シリーズでEV市場での巻き返しを図ります。今後のホンダの意向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…
  3. 森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区に位置する「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造…

過去よく見られている記事

  1. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  2. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  3. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る