世界最大手の暗号資産交換所が日本市場に進出 8月からサービス提供を予定

暗号資産(仮想通貨)交換業で世界最大手のバイナンス・ホールディングスが、近々日本市場に進出することを明らかにしました。サービス提供は8月から予定されています。

この情報は、CEOの趙長鵬氏が暗号資産関連のカンファレンス「WebX」で発表したものです。彼はビデオメッセージを通じて、日本市場への本格的な参入を表明しました。バイナンスは、2022年11月に金融庁登録の交換業者サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)の買収を発表し、日本市場への参入を公表しています。

バイナンス日本代表の千野剛司氏もまた、同社の日本でのビジネス展開に意欲的な姿勢を示しています。「世界の潮流や日本の動向を注意深く見ており、日本のビジネスを拡大させていきたい」と千野剛司氏は述べました。

そして、取扱い予定の暗号資産は30種類程度あり、法定通貨を裏付け資産とする「ステーブルコイン」についてもバイナンスは高い関心を示しています。

ただし、2018年にインターネットを通じて無登録で日本居住者向けにサービスを提供しているとして、バイナンスは金融庁から警告を受けています。2020年にバイナンス側が取引に段階的に制限を加えると発表しましたが、対応が不十分であったことから、2021年6月に再度警告を受けました。

暗号資産(仮想通貨)とは?電子マネーとの違い

暗号資産(仮想通貨)は、インターネット上で取引できる財産的価値であると認識されています。不特定の者に対して支払いや交換が可能であり、電子的に記録や移転を行えます。

【代表的な暗号資産】

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

一般的に暗号資産は、交換所や取引所から購入・換金することが可能です。交換所や取引所は、金融庁・財務局の登録を受けた事業者のみが運営できます。

暗号資産と電子マネーはよく混同されがちですが、双方の性質は大きく異なるため、利用する際には注意が必要です。暗号資産は、必ずしも発行主体や管理者が存在しておらず、状況によって価値が増減します。

一方で、電子マネーは法定通貨を対価として支払って利用するもので、発行主体が価値を裏付けしています。そのため、暗号資産のように価値が大きく変動することがありません。

暗号資産は法的にも電子マネーと異なるものだと定義されており、価格が暴落するリスクが常にあるため、利用する際は細心の注意をはらう必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  2. 2023年の出生率が過去最低を更新する見通しとなっています。第一生命経済研究所の星野卓也氏の試算では…
  3. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る