「ドン・キホーテ」の運営企業 営業利益が1,000億円を突破 過去最高を記録

「ドン・キホーテ」の運営企業であるパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが発表した決算によると、今年度の営業利益は1,053億円を記録しました。営業利益が1,000億円を突破したのは初めてであり、この金額は過去最高となります。

同社が発表した今年6月までの1年間の決算によれば、売上高は前年に比べて5.8%増加し、1兆9,368億円となりました。新型コロナウイルスの規制緩和に伴い、外出需要が増加した結果、季節商品をはじめとする商品の販売が好調になったとのことです。

さらに、営業利益は前年より18.7%もの上昇をみせ、純利益も662億円と34期連続で増収増益を達成しています。

昨年後半からは水際対策の緩和を背景に、訪日する外国人客による消費が急増しました。特に免税商品の売上が顕著で、その売上は383億円を計上。直近の4月から6月の間には、2019年の同時期と比較して約95%と、コロナ前の水準に近づいていることを示唆しています。

ネット上では、「ドンキは売り方や見せ方が上手いんだろうな」「近所のスーパーの方が安い商品も多い」「純粋に面白い店として勝負して頂きたい」などの意見が寄せられています。

「ドン・キホーテ」の売上詳細|「興味期限」の導入

「ドン・キホーテ」では日用雑貨品の売上が著しく伸びており、2023年の6月期は前期と比べて9%の増加をみせています。同様に、スポーツやレジャー関連の商品も6%の売上増となっています。

2022年の行動制限の緩和を受け、夏季のレジャーシーズンや国内外の旅行が再開され、ハロウィーンをはじめとする大規模なイベントが復活した影響が大きいようです。「ドン・キホーテ」はその恩恵を受けており、既存店売上高は13ヶ月連続で前年同月を上回っています。

また、旅行やレジャー関連のPB商品の開発に力を入れており、需要をしっかりと取り込んでいます。「しいたけスナック」などの個性的なPB菓子は人気があり、ディスカウントストア事業におけるPB商品の売上高は全体の17%を占めています。これは、3ポイントの増加となります。

さらに、商品が3ヶ月間売れなければ顧客の興味がなくなったとみなす「興味期限」により、顧客の購入が衰えた場合、価格や棚の配置などを変更していました。その結果、在庫の削減に成功し、前期から196億円のコスト削減を実現しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  2. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  3. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る