岸田首相 最低賃金を2030年代半ばまでに1,500円に引き上げ 新たな目標掲げる

岸田首相は、最低賃金を2030年代半ばまでに、時給1,500円へと引き上げることを新たな目的として掲げました。この表明は、31日に総理大臣官邸で行われた「新しい資本主義実現会議」で発表されました。

岸田首相は会議の中で、エネルギーや食料品価格の上昇を考慮し、「最低賃金審議会で毎年の賃上げ額についてしっかりとご議論をいただき、その積み上げにより、2030年代半ばまでに全国加重平均が1,500円となることを目指してまいります」とコメント。

また、「エネルギーや食料品価格が高騰する中、内需主導の経済成長を実現していくためには、『賃上げが当たり前となる経済』や投資促進がカギになる」と強調しています。

さらに、今年10月より全国平均で時給が1,000円を超える最低賃金についても言及しており、その上昇傾向を維持し、「さらに着実に賃上げを行っていく必要がある」と語りました。会議内では中小企業を対象とした賃上げ支援策として、特定の条件を満たす企業への補助金増額の提案も議論されました。

ネット上では、「2030年代半ばまでって、さすがに遅すぎでは?」「最低時給だけあげても何の解決にもなりません」「最低賃金を上げても、それは経済効果には結びつかないでしょうね」などの意見があがっています。

2023年度の全国最高時給は東京都の1,113円

2023年度における全都道府県の最低賃金が確定しました。特に注目を集める東京都では、昨年度より41円増額し、全国で最も高い1,113円となりました。

この最低賃金は、10月より施行される予定です。厚生労働省によれば、全国平均は1,004円となり、初めて1,000円の大台を超えることとなりました。

最低金額は岩手県の893円で、東京都との差は220円となり、地域格差の存在が浮き彫りとなっています。首都圏、特に東京都は住宅費や食料の価格が高騰しており、地域ごとの生活コストの違いを考慮し、公平性を確保する目的で差額が設けられています。

しかし、地方の生活では複数台の車を持つ家庭も多く、ガソリン代の増加等の問題も指摘されています。浜銀総合研究所の遠藤裕基氏は「地方の引き上げ幅を高めにするなど、東京との不公平感に配慮すべきだ」と指摘し、その上で「企業が賃上げに耐えられなければ倒産や失業者が増える恐れもある。企業が雇用を減らすリスクがないかしっかり注視する必要がある」と続けました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る