総資産2,090億ドルの米シリコンバレー銀行が経営破綻 米政府が預金の全額保護を表明

米連邦預金保険公社(FDIC)は10日、カリフォルニア州に拠点を置くシリコンバレー銀行が経営破綻したことを発表しました。2022年12月時点での総資産は約2,090億ドル(約28兆2,000億円)で、総預金は1,754億ドルにまでおよびます。

銀行の経営破綻としては、2008年のリーマン・ショック時に起きたワシントン・ミューチュアル(総資産3,070億ドル)の破綻に次ぐ規模だとされています。

米ニューヨーク・タイムズによれば、シリコンバレー銀行は主力の融資先であるシリコンバレーの新興企業に高い金利を提示し、預金を集めて米国債などに振り分け運用益を得ていました。しかし、2022年3月からインフレ抑制のため米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを急速に始め、長期金利の上昇に伴い保有国債の価値が大幅に落ち込み、含み損を抱える形となったとのことです。

また、金融引き締めの影響で、経営状況が悪化した取引先企業から預金の解約申し込みが相次いだため、シリコンバレー銀行は保有資産の売却を余儀なくされ、大きな損失を抱えてしまったとされます。

シリコンバレー銀行の経営破綻の影響を受け、12日にはニューヨークに拠点を置くシグネチャー銀行も破綻しました。ニューヨーク州当局によると、2022年末時点でシグネチャー銀行の総資産は約1,103億6,000万ドルで、総預金は885億9,000万ドルでした。

銀行の経営破綻を受け、米政府が両行の預金の全額保護を表明

米政府は12日、シリコンバレー銀行とシグネチャー銀行の経営破綻を受け、信用不安が金融システム全体に広がるのを警戒し、共同声明で両行の預金の全額保護を表明しました。

FDICは原則、経営破綻しても1口座あたり25万ドルまでしか預金が保護されません。今回の件では、多くの企業が25万ドル以上の金額を預けていたことから、全預金の9割近くが保護されない計算でした。

しかし、米財務省などは「金融システムに対する信頼の強化を通じて、米経済を守る断固とした行動をとる」と語りました。またバイデン大統領は「銀行システムは安全であり、預金も安全なので、国民は安心してください。我々は必要なことは何でもすると断言する」とコメント。

それに加え、「銀行の経営陣には全容を明らかにさせて責任を取らせる」と強調しました。政府の表明からわかる通り、預金に関しては米政府によって全額保護される予定ですが、その一方でシリコンバレー銀行らの株主、経営陣、銀行に対して債権を持つ企業については、泣き寝入りとなる可能性が高いと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る