宿泊予約サイト「Booking.com」が宿泊費の未払い 施設オーナーが損害賠償請求

大手宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」に対して、宿泊施設のオーナーたちが未払い問題で法的措置を取ることが判明しました。訴えを主導するのは、都内や西日本で宿泊施設を展開するオーナーの男性たちです。

男性たちによると、利用者がブッキング・ドットコム経由で宿泊の予約及び支払いをしていますが、予約サイト側から7月から9月にかけての宿泊費、総額約300万円から1,000万円の支払いが完了していないとのことです。

これに対し、訴えを起こす予定の松尾政彦氏は「丸々1ヶ月も2ヶ月も売り上げを全て吸収されたまま、返答も説明もないままですと、これはきついです」と強い不満を表明しています。

オーナーたちは未払い金による経営上の損害が出ており、その結果、従業員への給与支払いなどにも支障をきたしていると述べています。近日中にブッキング・ドットコムの日本法人及びオランダ本社に対し、東京地裁で損害賠償を求める方針です。

この状況について、原告側の加藤博太郎弁護士は「これほどまで大きな未払いが起きているというのは、私が知る限り初めてじゃないか」とコメントしています。一方、ブッキング・ドットコム側は、未払いの詳細について「オランダ本社に問い合わせている」と回答しました。

未払いの理由が判明|システム更新中の不具合

ブッキング・ドットコム日本支社は10月10日、宿泊施設向けの未払いに関する問題について謝罪しました。この支払いの遅れは、システム更新中の不具合が原因であったと説明しています。同社は、「現在緊急に対応させていただいております」と状況を報告しました。

未払いに関する問題について、一部の施設オーナーがブッキング・ドットコムに損害賠償請求を起こす方針であるという報道を受けて同社は、「期日通りに支払いを履行することは、当社にとって常に最優先事項であり、先般の支払いシステム更新が、一部のパートナーの皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことをおわび申し上げます」とコメントしました。

支払い遅延の原因はシステムメンテナンス作業中の問題にあり、「大半の支払い作業はすでに再開している」と同社は説明していますが、「予期せぬ技術的な問題が発生したため、一部のパートナー各社には、支払いの遅延が発生しており、現在緊急に対応している」と述べています。

ネット上では、「完全に日本の施設の足下を見たバカにした態度丸見え」「未払い金にきちんと違約金の利子をつけて払うべき」「お金が支払われるまで安心できない」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)
    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. OpenAIは現地時間3月29日、人の声を再現できる画期的な生成AIモデル「Voice Engine…
  3. 「「金融教育」生きるために子どもにこそ必要な教育」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    諸外国と比較して日本の金融教育は、大きく遅れていると言わざるを得ない状況にあります。今回は、日本の資…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る