リニア水問題対策に進展 川勝平太知事が「尊重したい」と意向を示す

静岡県の川勝平太知事は28日、定例記者会見でリニア中央新幹線静岡工区における大井川の水問題対策として、JR東海が提案する「田代ダム取水抑制案」を県として受け入れる方向で調整していることを明らかにしました。

この決定により、リニア新幹線建設の大きな障壁であった水問題が解決に向けて進展する見通しです。川勝平太知事は「スキームとして妥当だという意見があり、それを尊重したい」と述べ、リニア工事への前進を示唆しています。

今後、静岡県は技術的な側面から取水抑制案の実現性を検証し、JR東海との協議を続けていきます。大井川利水関係協議会もこの案を支持しており、次の焦点は工事に伴う発生土の置き場問題や南アルプスの生態系保全に移ることになります。

静岡県庁関係者「リニアの問題そのものはまったく前進していない」

静岡県の川勝平太知事は、JR東海の「田代ダム取水抑制案」に対して「尊重したい」との見解を示しました。この発言を受け、日経新聞は川勝平太知事が流域自治体の意見をまとめた上でJR東海に賛意を回答すると報道し、11月30日には「静岡県、田代ダム案を了解」との見出しで報じました。

しかし、静岡県庁の関係者は「リニアの問題そのものはまったく前進していない」と語り、報道の内容と実態には乖離があることを指摘しています。「田代ダム取水抑制案」の具体的な内容や実現性についてはまだ不透明な部分が多く、今後も慎重な検討が求められる状況です。

JR東海の「田代ダム取水抑制案」とは?

川勝平太知事が問題としているポイントは、リニア工事の過程で生じる静岡県から山梨県へのトンネル湧水の流出です。対策を講じなければ大井川本流の流量が毎秒2トン減少し、流域の住民の生活用水に影響が出る恐れがあります。

この問題に対処するため、JR東海は田代ダムの取水を調整し、大井川の流量を維持する「田代ダム取水抑制案」を提案しました。この案について、川勝平太知事は「リニア工事について、一歩前進というお考えでしょうか」と問われ、「そうですね」と応じましたが、自らは「一歩前進だ」と発言していませんでした。

川勝平太知事はJR東海との対話を進める姿勢を示し、地質構造・水資源部会の専門部会での議論を重視しています。この部会には県寄りの主張を持つ委員も含まれ、水量の測定方法などに関しては未確定要素として、今後も議論が続くことになります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神奈川県大井町の東名高速で起きたあおり運転による追突事故で、一家4人を死傷させた無職の男性(32)に…
  2. 性犯罪被害者の保護を強化するための新たな法律が、15日に施行されました。この新制度は、性犯罪などの被…
  3. タレントのデヴィ夫人は27日、自らのSNSを通じて昨年の週刊文春によって報じられた内容に関して、名誉…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る