イーロン・マスクの就任で大量解雇?!大手企業もTwitter広告を一時停止

Twitterの新オーナーがイーロン・マスクになったことで、大手企業がTwitter広告から一時撤退を図っています。これは、イーロン・マスクの指揮下において、プラットフォームがどのように変化するのか不明確であるためだとされています。

多くの大手企業はTwitterの方向性が定まるまで、Twitterへの広告出稿を一時停止するとのことです。実際に11月3日、日刊経済新聞のウォール・ストリート・ジャーナルは、大手食品会社のゼネラルミルズやファイザー、アウディ、フォルクスワーゲン、モンデリーズ・インターナショナルが、Twitterの広告出稿を停止したことを報告しました。

さらに、自動車メーカーのフォードとGMも、Twitterの計画を理解するまで広告枠を購入しない方針を示しています。そのほか、世界的広告会社のIPG、広告代理店のHavas Mediaなども、Twitter広告の一時停止を勧めています。

イーロン・マスクのTwitter買収後、ヘイトスピーチが急増する

イーロン・マスクはTwitterに対し、「幅広い意見が健全に議論されるための街の広場」だと考えていると主張しました。Twitter買収前には、アカウントを停止されたドナルド・トランプ元大統領を含む人物を、プラットフォームに戻すことを示唆しています。

しかし、イーロン・マスクがTwitterを買収して以来、ヘイトスピーチの数が急増したと報告されています。ネット上の言論を監視する団体NCRIは、買収成立から黒人差別用語が12時間で500%近く増えたと述べました。

また、反ユダヤ的な発言や女性蔑視、反LGBTQ+的な投稿が横暴するなど、Twitterは以前にも増して波乱を呼んでいます。

イーロン・マスクはTwitterを買収した理由について、「金もうけのためではなく、愛する人類を助けるため」と述べていますが、現時点ではその意思に反して、マイナスに働いている印象を受けます。

イーロン・マスクによりTwitter関係者が大量解雇

イーロン・マスクによるTwitter関係者の大量解雇が、11月4日より始まりました。米New York Timesによると、Twitterの従業員の約半分が解雇されたとされています。

解雇された人数は約3,700人にまでのぼるとのことで、対象者には日本法人の従業員も含まれています。11月5日には、日本法人の従業員が「レイオフ(一時解雇)された」と発信。

Twitter関係者の大量解雇により、世界中で大混乱を招いています。今後も関係者の解雇が行われる可能性があるため、イーロン・マスクの動向に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る