イーロン・マスク氏率いるスペースXが黒字転換 利益は5,500万ドル

イーロン・マスク氏が率いる米国の宇宙関連企業、スペースXが2023年の第1四半期に黒字転換したことが、ウォールストリート・ジャーナルの報道によって判明しました。報道によれば、スペースXの1月〜3月期の暫定決算では、売上高が15億ドルを記録したとのこと。その利益は5,500万ドルとなりました。

一方で2021年、2022年は2年連続で赤字でした。2022年の決算では、前年比2倍の46億ドルに達しており、赤字は9億6,800万ドルから5億5,900万ドルへと縮小しました。

スペースXは現在、米国でトップクラスのロケット関連企業に位置しています。同社は「スターリンク」という衛星インターネット事業も展開中で、企業価値としてはウォルト・ディズニーに匹敵する約1,500億ドルと評価されています。

スペースXの四半期黒字化については「既視感を覚える」と話題になっており、テスラ同様、今後一気に利益を伸ばしていくことが予想されています。

ネット上では、「さすがイーロン・マスク」「黒字化は本当にすごい」「業務内容が未来すぎて誰も正当に評価できなさそう」などの意見が寄せられています。

米司法省がスペースXの人員採用における差別問題で提訴

米司法省は24日、イーロン・マスク氏が率いる宇宙企業スペースXが採用の際、亡命申請者や難民に差別を行ったとして提訴しました。

司法省の声明によれば、少なくとも2018年9月から2022年5月までの間、亡命者と難民に同社の求人に応募しないよう仕向けており、その上で市民権の状況を理由に採用や検討を拒否していたとのことです。

この行為は、移民国籍法に違反していると指摘されています。さらに、スペースXは近年の採用において、米国の輸出規制に基づき、米国市民及び合法的な永住者しか採用できないと主張していました。

実際、2020年6月にはTwitter(現X)で「米国の法律では、スペースXで雇用されるには少なくともグリーンカード(永住権)が必要だ。ロケットは高度な軍事技術だからだ」と投稿しています。

しかし、この主張は事実ではないとの指摘が寄せられています。司法省は、イーロン・マスク氏のネット上の発言を差別の根拠として挙げています。

訴訟ではスペースXに対し、民事制裁金の支払いや差別的な態度の方針転換を求めました。一方でイーロン・マスク氏は、ネット上で「(訴訟は)政治目的による司法省の武器化だ」と批判しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…
  2. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  3. 「日本の医療費は高い?海外の医療システムとの比較について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    日本の医療費は増大の一途をたどっていることをご存知ですか?医療費が増大すると、高齢化社会とともに保険…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る