2025年、沖縄に新テーマパーク「JUNGLIA」が誕生 全身で体感する贅沢

2025年、沖縄の北部に誕生する新テーマパーク「JUNGLIA(ジャングリア)」は、ジャングルをテーマにした新感覚のテーマパークです。このパークは、「Power Vacance」というコンセプトのもと、世界自然遺産「やんばる」の神秘的なエネルギーを活用しています。

JUNGLIAの公式サイトでは、その魅力を「都会の雑踏や喧騒から遠く離れ、南国の絶景に身を溶け込ませる。日常に溢れるヴァーチャルリアリティとは正反対の“真にリアルな”エンターテイメントを全身で体感する、贅沢」と表現しています。

開業時の敷地面積は60ヘクタールと、東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンを上回る規模です。現実離れしたエキサイティングな体験が可能で、本物のジャングルでの大型アトラクションや、森を飛び交うブランコ、空を舞うジップラインなどが設けられます。

また、「やんばる」の自然の中で恐竜に追いかけられるような刺激的なアトラクションや、大自然の景色を独り占めする贅沢が、訪問者に新たな開放感をもたらします。JUNGLIAは日常を離れて、心躍る「Power Vacance」を経験できる場所として期待されています。

ネット上では、「沖縄にこれあれば行く動機になる」「テーマパークはいらないでしょう」など賛否の意見がみられました。

株式会社刀の森岡毅氏「沖縄でしかできない体験をつくる」

JUNGLIAでは、素晴らしい景色を眺めながら食事を楽しめるレストランや、森に溶け込むインフィニティスパが設置され、都会の喧騒から離れた贅沢な時間を過ごすことができます。

マーケティング精鋭集団の株式会社刀の森岡毅氏は、「やんばるは森の形が違う。細長い杉の木が並ぶ森ではなく、ニョキニョキしたガジュマルがある。その森に立つだけ、見るだけでもスピリチュアルなものを感じる」と語りました。また、「あのやんばるの大自然に触れて人が元気になれる。人の本能を貫通するような、沖縄でしかできない体験をつくる」ともコメントしています。

具体的な開業日やチケット価格はまだ未定ですが、クオリティを重視した準備が進められています。2018年6月に設立された株式会社ジャパンエンターテイメントが地域経済や観光産業への貢献を目的として運営を担当しており、オリオンビール株式会社、株式会社リウボウ、株式会社ゆがふホールディングスなど、沖縄を代表する企業が参画しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る