セブン-イレブン・ジャパンが広告事業に参入 スマホアプリ内に広告やクーポンを表示

全国にコンビニを展開するセブン-イレブン・ジャパンが、広告事業に参入すると日本経済新聞が報じました。約1,900万人が登録するスマートフォンアプリ内で、購買履歴を基に顧客1人ひとりに合った商品の広告や割引クーポンが提示されるとのことです。

広告事業の参入に伴い、セブン-イレブンは「リテールメディア」というマーケティング手法の専門部署を立ち上げました。2023年を目処に本格参入することが予定されており、広告主を広く集めるとしています。

コンビニ業界では、すでにファミリーマートが伊藤忠商事・NTTドコモ・サイバーエージェントと広告事業に関する会社「株式会社データ・ワン」を設立しています。広告会社を設立した背景は、「インターネット広告費が2019年に初めてテレビメディア広告費を上回ったため」「米国での新たな潮流として収益の多角化を実現しているため」の2つです。

これまでは共同会社のマーケティング活動により、ファミリーマートが一歩リードをしていましたが、最大手のセブン−イレブンも広告事業を手掛けていくとのことです。

セブン−イレブンの参入を知った人々は、「どのような広告事業を展開していくのか気になる」「セブンがまだやっていなかったのは意外」「セブンはなかなか大事なポイントを抑えている」という反応を示しています。

ローソンは2022年3月よりAIを活用した広告事業をスタート

2021年10月26日、ローソンは会員データとAIを活用した広告配信事業を、2022年3月よりスタートさせることを発表していました。この広告事業は、会員データの購買履歴や性年代・価値観から、対象の商品に興味を持ちそうな顧客を推測し、AI技術を加えてレシートやローソンアプリに広告を掲載するというものです。

ダイエット志向が高い顧客には「サクッと」というキャッチコピーを、新しいことへの興味が高い顧客には「初コラボ」などのデザインを採用。2021年に行われた2週間の新商品実験では、会員全体の平均購入率に対して、新たな方法で抽出した会員の購入率はレシート広告を出さなかった場合で4倍となり、レシート広告を掲載したケースでは12倍の結果となりました。

AI技術を活用した新たな広告に効果が見込めるとして、ファミリマートに続いてローソンの広告事業が注目を集めました。なお、ローソンの広告施策については、株式会社インティメート・マージャーと株式会社クリエイターズマッチから協力を受けています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「教師のサブスク給与 一定額で働かせ放題の年収739万円」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    教師は、子どもたちが「社会」を知るうえで、道しるべとなる大切な職業です。数学、科学、文学などの教科を…
  2. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  3. 2025年大阪・関西万博で参加国が自前で建設する海外パビリオン「タイプA」の計画が、大幅な遅れに直面…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 2023-11-1

    米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

    シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコ…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る