トランプ氏のTwitterアカウントが復活 本格復帰しない経済的な理由とは?

Twitterを買収し、最高経営責任者となったイーロン・マスクは20日、自らのアカウントでトランプ氏復活の是非を問うアンケートを行いました。1,500万以上の票が集まり、「Yes」が半数を上回ったとして、永久停止となっていたトランプ氏のアカウント復活が決定。

しかし、当のトランプ氏は「Twitterで復活する理由がない」と、復活をあまり喜んでいない様子です。その理由は、トランプ氏自らが自社メディアを立ち上げているためだとされています。

トランプ氏は2021年にTwitterのアカウントが永久凍結されると、同年2月に「TwitterやFacebook、YouTubeといった従来のソーシャルメディアに挑戦するための代替メディアを提供する」という名目で、「トランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループ(TMTG)」を設立しました。

トランプ氏が設立したTMTGと自前のSNS「Truth Social」

トランプ氏はTMTGを通じて、自前のSNS「Truth Social(トゥルース・ソーシャル)」とオンデマンド動画配信サービス「TMTG+」を開設しました。トランプ氏自身の政治的な発言権を得るという目的もあるのかもしれませんが、自前のSNSを立ち上げたのは「新たな収益源の確立」が理由だとされています。

さらに、TMTGは2021年10月に特別買収目的会社の「Digital World Acquisition Corp.」と経営統合し、上場を目指す合併契約を締結したと発表しました。トランプ氏の会社であるTMTGの利益を拡大させる、あるいは会社を上場させる場合、似たようなビジネスを手掛けるTwitterとは商売敵になる可能性があります。

つまり、トランプ氏が本格的にTwitter復活を果たすと、自前のSNS「Truth Social」の事業価値を低下させてしまうことから、アカウントが復活しても安易に利用できないという背景があるのです。

そのため、トランプ氏のTwitterアカウントが復活しても、自前のSNSに誘導する投稿はあっても本格的な復帰はまずないだろう、と予想されています。

ただし、「Digital World」との合併期限は最長で2023年3月8日までとされており、それを過ぎると「Digital World」は上場で調達した資金を株主に返還しなければなりません。したがって、経営統合によってTMTGの上場がなし得なかった場合、トランプ氏自前のSNSを閉鎖し、影響力が強いTwitterに復帰する可能性も0ではないと言えるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る