イーロン・マスク氏、Twitterの買収を再提案 「『X』の開発を加速させる」

2022年版の世界長者番付にて、世界第1位を獲得したテスラのイーロン・マスク氏は、ソーシャルメディアの最大手「Twitter」の買収を再提案しました。Twitterについて、「買収で、何でもありのアプリ『X』の開発を加速させる」とSNSに投稿し、一度撤回した買収に再度意欲を示したのです。

アメリカの起業家であるイーロン・マスク氏は、今年の4月にTwitterを買収することで会社側と合意しましたが、一度その計画を撤回しました。会社側はその撤回に納得がいかず、合意を履行するよう求める訴えを起こし、裁判の開始が目前に迫っていました。

裁判開始まで2週間を切った4日、イーロン・マスク氏は当初の合意通り、総額440億ドル(約6兆3,000億円)でTwitterの買収を進めることを再度提案しました。

イーロン・マスク氏は過去に、Twitterを中国のSNS「WeChat」のような日常生活で活用できるアプリにしたいと意向を示したことがあり、その構想を指すとして「何でもありのアプリ『X』の開発を加速させる」と、発言したとみられています。

なお、アメリカメディアによると、今週金曜日の7日には買収で再度合意する可能性があると伝えています。しかし、イーロン・マスク氏はこれまで買収の考えが定まっていないため、交渉がそのまま成立するのかは疑問が残ります。

Twitterとの裁判ではイーロン・マスク氏が負ける?

イーロン・マスク氏は「裁判で負けない男」として有名です。しかし、今回Twitterの買収に再度意欲を示したのは、裁判で負ける可能性が高いからだと専門家は指摘しました。

専門家によると、裁判前の証拠開示手続きにて、イーロン・マスク氏の勝算が低いことが示されたと語っています。また、ミシガン大学のエリック・ゴードン教授は、「マスクは裁判に負けるだろう」とも述べています。

そして、デラウェア州でのTwitter買収に関する裁判については、会社側がイーロン・マスク氏の主張に対して強く反論しているとされており、イーロン・マスク氏にとってデメリットが多すぎると語られました。

つまり、現在の状況はイーロン・マスク氏の意思とは無関係に、Twitterを買収せざるを得ないとされています。とはいえ、買収の合意については二転三転しているため、今後のイーロン・マスク氏の意向に応じて、状況は再度変化することでしょう。今後のイーロン・マスク氏の動きに注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る