ジブリ「君たちはどう生きるか」がゴールデングローブ賞アニメ映画賞を受賞

アメリカの映画業界をリードするゴールデングローブ賞で、歴史的な瞬間が訪れました。7日に発表された同賞で、日本のアニメーション映画「君たちはどう生きるか」がアニメ映画賞を受賞しました。日本の作品がアニメ映画賞を受賞するのは今回が初めてです。

この賞はハリウッドを拠点とする外国人記者団によって選ばれ、アカデミー賞への布石と位置づけられています。ビバリーヒルズのホテルで行われたこの華やかな授賞式には、宮崎駿監督自身は姿を見せませんでしたが、彼の作品が高く評価されたことは明らかです。

「君たちはどう生きるか」は宮崎駿監督が引退宣言を撤回し、約7年の歳月をかけて完成させた作品です。太平洋戦争中に母親を失い、不思議な世界へ迷い込む少年の物語を描いています。

この作品が国際的な舞台での栄誉を勝ち取ったことは、日本のアニメーション産業にとって画期的な出来事と言えるでしょう。ネット上では、「素晴らしい快挙ですね」「やはり宮崎駿はすごい」「おめでとうございます!」などの温かいメッセージが寄せられています。

「君たちはどう生きるか」という作品|受賞歴や興行収入

スタジオジブリの宮崎駿監督が、約10年ぶりに長編映画「君たちはどう生きるか」を発表しました。この作品のタイトルは、宮崎駿監督が子供時代に感銘を受けた吉野源三郎の児童文学作品にちなんでいますが、物語自体は宮崎駿監督独自のオリジナルストーリーです。

舞台は太平洋戦争が始まった日本で、火事で母親を失った少年が、謎のサギ男に導かれ不思議な世界に迷い込むという展開です。2023年7月に公開された際、映画の内容は事前に公開されないという異例の対応が取られ、大きな話題を呼びました。

この作品は、ニューヨーク映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞など、著名なアニメーション部門の賞を獲得しています。さらに、アカデミー賞へのノミネートも有力視されており、映画界からの注目は高まるばかりです。

また、北米ボックスオフィスランキングで見事首位デビューを飾り、北米の興行収入は3,960万7,451ドル(約57億円)に達しました。全世界での興行収入も、1億3,712万9,302ドル(約199億円)という驚異的な数字を記録しています。

宮崎駿監督は83歳の今もなお、アニメーション界の巨匠として世界的に有名です。「風の谷のナウシカ」、「となりのトトロ」、「もののけ姫」といった数々の名作を生み出し、「千と千尋の神隠し」では米国のアカデミー賞の長編アニメーション映画賞を受賞しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  3. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る