サムスンが1月17日に「Galaxy S24」シリーズを発表か AI搭載による電話中の同時翻訳機能

韓国のSamsung(サムスンは、注目のスマートフォン「Galaxy S24」シリーズを1月中旬に発表する見通しです。「Galaxy S24」シリーズにはAI機能が搭載される予定で、全モデルで電話中の同時翻訳機能がサポートされるとのことです。

まずは英語やスペイン語など利用者の多い言語に適用し、その後、日本語や韓国語などにも順次対応するとされます。この機能は、自社の生成型AIモデル「Gauss(ガウス)」を用いてスマホ内で翻訳を行います。ほぼ遅延なく自然に会話が成立するとのことです。

また、同シリーズの最上位モデル「Galaxy S24 Ultra」では、4K/120fpsのビデオ撮影が可能であると著名リーカーが公表しています。現時点で公表されているリーク情報は以下の通りです。

【現時点でのリーク情報】

  • 1月17日に発表、1月20日から先行予約受付開始、1月30日に発売
  • Snapdragon 8 Gen 3を搭載
  • 画面のピーク輝度は2,600ニト
  • Ultraのケースはチタン製
  • 「Galaxy AI」を搭載
  • 電話中の同時翻訳機能がサポート

1月17日(米国時間)に予定されている発表イベントにて、「Galaxy S24」シリーズの詳細が明らかとなる見通しです。Samsungが告知した「Galaxy AI is coming」とのフレーズが示すように、AI機能の強化が大きな注目点となっています。

新製品発表イベントと「Galaxy AI」の概要

Samsungは1月2日(米国時間)、新製品発表イベント「Samsung Galaxy Unpacked」を1月17日に開催すると明らかにしました。日本時間では18日の午前3時に行われます。Samsungはこのイベントを公式YouTubeチャンネルでライブ配信する予定です。

Samsungはこのイベントで「AIを活用した全く新しいモバイル体験を提供する」と、最新のイノベーションを発表すると発表文で述べています。この発表は、2023年11月にSamsungが独自のチャットボット「Galaxy AI」を2024年初頭にリリースすると発表して以来のものです。

このことからも、1月17日のイベントで発表される新しい端末には、「Galaxy AI」が搭載される可能性が高いと言えます。同社は「Galaxy AI」について、「バリアフリーのコミュニケーションから生産性の簡素化、無限の創造性まで、あらゆる場で可能性を解き放つ」と説明しています。1月17日の発表に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIとコールドスリープ」(ライター:ネ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「共存か?依存か?生成AIで得られる未来、失…

過去よく見られている記事

  1. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る