東京地裁が「ファスト映画」を公開した投稿者2人に総額5億円の賠償を命じる

17日、映画を10分程度に編集した違法な動画「ファスト映画」をYouTube等に公開したとして、著作権法違反の罪で有罪が確定した投稿者2人に対し、大手映画会社など13社が損害賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は請求通り総額5億円の賠償を命じました。

映画の映像を無断で使用し、10分程度に編集してストーリーを明かす違法な動画「ファスト映画」を、インターネットに公開して広告収益を得ていた20代と40代の男女3人が去年、全国で初めて摘発されて有罪が確定しました。

男女3人は動画投稿サイトの「YouTube」にて、「シン・ゴジラ」などの映画54作品を無断で公開。東宝や日活などの大手映画会社など13社は、投稿者に対して5億円の損害賠償を求める裁判を起こしました。

判決が出た17日に杉浦正樹 裁判長は「YouTubeでの映画作品のレンタル価格は400円をくだらない」と伝えたあと、「作品全体の内容を把握できるよう編集されていることなどを考慮すると、損害額は1再生当たり200円とするのが相当」と続けました。

該当チャンネル全体の再生数を踏まえると、損害額は総額20億円以上にのぼると指摘し、その上で請求通りの総額5億円の賠償を男女2人に命じました。

CODAの代表「著作権侵害に対する大きな抑止力になる」

総額5億円の賠償が命じられた今回の1件に対し、日本コンテンツの海外展開の促進と海賊版対策を目的に設立された団体「コンテンツ海外流通促進機構(CODA)」の代表を務める後藤健郎氏は、「著作権侵害に対する大きな抑止力になると思っています。海賊版サイトは見ない、ファスト映画は見ないという認識を1人ひとりが醸成してもらうことが必要だと思います」と、記者会見で述べました。

また、大手映画会社などの請求が通ったことについては、「『やり得は許さない』という映画関係者のきぜんとした態度の結果だと思う」と語りました。

原告側の弁護士によると、5億円の賠償が命じられた男女2人とともに動画を投稿し、すでに有罪判決が確定している40代の1人に対しても訴えを起こしており、引き続き賠償を求めていくとのことです。

なお、投稿された「ファスト映画」を見ていたと思われるユーザーらは、「ファスト映画が見れないのは残念だが、逮捕されるのは当たり前」「著作権とか事前に許可をもらわず投稿していたなんて知らなかった」「久しぶりに見ようと思ったら削除されてて悲しい」などのコメントを寄せています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  3. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る