Apple、Googleの生成AI「‎Gemini」の搭載を交渉中 「ChatGPT」も検討

米Appleは、Googleの生成AI「‎Gemini(ジェミニ)」をiPhoneに搭載するために交渉を進めています。この合意が成立すれば、AI業界に大きな影響を及ぼす可能性があります。

双方はiPhoneのソフトウェア機能を強化する目的で、ジェミニのライセンス交渉を行っており、Appleは同様にOpenAIが開発した対話型AI「ChatGPT」の使用も検討中です。

AppleとGoogleがパートナーシップを結べば、両社間の既存の検索エンジンでの協力関係がさらに強化されます。Googleは自社の検索エンジンをiPhoneのデフォルトのブラウザである「サファリ」に設定するため、Appleに毎年数十億ドルを支払っています。

しかし、AI契約の具体的な条件やブランドはまだ決定しておらず、実行方法も最終決定に至っていません。合意によりジェミニが大きな優位性を得る一方で、これがAppleのAIに対する取り組みが遅れている可能性を示唆するものだと考えられます。

AppleはiOS18の一環として、独自のAIモデルに基づく新機能を開発中であり、これらは主にデバイス上で動作する機能に焦点を当てています。このため、Appleは生成AIのより複雑なタスクを担うためのパートナーシップを模索しています。

Googleの生成AI「Gemini(ジェミニ)」とは?

Googleが開発した生成AI「Gemini」は2023年12月に発表され、その革新的な能力で大きな話題を集めました。ジェミニは「マルチモーダルAIモデル」と呼ばれるもので、テキスト、画像、音声、動画といった多様な入力を受け取り、テキストと画像の生成を行います。

元々、Googleの生成AIと言えば「Bard(バード)」が有名でしたが、Googleは同生成AIの名称をジェミニに変更しました。多様なアップデートを加えたことにより、現在の主力AIモデルであるOpenAIの「GPT-4」を凌ぐほどの性能を発揮しています。

Googleのジェミニは、膨大なデータから微細な知識を抽出する推論能力に長けています。また、PythonやJavaなど、さまざまなプログラミング言語で高品質なコードを生成できる能力も有しており、科学や金融などの分野での研究や調査を加速させる可能性を秘めています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…
  2. 「日本の「医療被ばく」の恐怖 レントゲンやCT検査の数は世界でダントツ」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    レントゲンやCT検査、透視検査など放射線を用いた検査は、病気の診断や治療に効果的ですが、過剰な被ばく…
  3. 「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の初飛行から約9年が経った今、経済産業省は3月27日、2035…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  2. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  3. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る