クラシック界を牽引した指揮者の小澤征爾氏が死去、88歳 死因は心不全

日本のクラシック音楽界を長年にわたって牽引してきた指揮者、小澤征爾(おざわ せいじ)氏が心不全のため6日にこの世を去りました。88歳でした。後日、お別れの会を検討しているとのことです。

1935年に中国の瀋陽で生まれた小澤征爾氏は、若き日にピアノに才能を示しましたが、ラグビーでの怪我がきっかけで指揮の道へと進むことに。桐朋学園短大を経て欧州へ渡り、1959年には仏ブザンソン国際指揮者コンクールで日本人として初めて優勝し、世界的な指揮者としての地位を確立しました。

その後、ヘルベルト・フォン・カラヤン氏やレナード・バーンスタイン氏の下で学び、1961年にはニューヨーク・フィルの副指揮者に就任。ウィーン・フィルやベルリン・フィルといった世界の名門楽団と共演し、武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」のニューヨーク初演を成功に導くなど、彼の名は世界中に轟きました。

1973年からはボストン交響楽団の音楽監督として29年間にわたって活躍し、2002年から2010年までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めています。また、日本人指揮者として初めてウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに登壇しました。

彼の功績は数知れず、その生涯はクラシック音楽の歴史に深く刻まれています。小澤征爾氏の死は世界中の音楽愛好家にとって大きな損失であり、彼の遺した音楽はこれからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

2005年頃から体調不良が頻発 2010年には食道がんを公表

小澤征爾氏は2005年頃から体調を崩す機会が増えました。70歳を迎えた年には白内障手術を行い、翌年には帯状疱疹(ほうしん)と角膜炎を患い、音楽活動を休止しています。

また、2010年には食道がんを公表して手術で全摘出しました。さまざまな健康上の困難に直面しましたが、同年8月の復帰会見で「家族がラグビーのスクラムのように一体になって助けてくれた」と家族への深い感謝の意を表しています。その上で「マイペースでやっていきたい」という意欲もみせました。

2022年8月には、3年ぶりに開催されたフェスティバルで勇敢にも車いすでステージに登場し、観客を魅了しました。小澤征爾氏の死去に対し、ネット上では「小澤さん大好きでした」「まだまだ若い日本の音楽たちを見守って頂きたかった」「クラッシック界の巨匠、日本の宝のような方だったと思います」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「共存か?依存か?生成AIで得られる未来、失…
  2. Uber Eats Japanは2月21日、日本でロボットを使用した料理配送サービスを展開すると発表…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…

過去よく見られている記事

  1. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  2. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る