子どもの心を強くする!レジリエンス教育とは? 社会で生き抜くために必要な3つの特徴

「子どもの心を強くする!レジリエンス教育とは 社会で生き抜くために必要な3つの特徴」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

レジリエンスとは、直訳すると「回復力」「しなやかさ」を意味する単語です。

もともとは、物理学の分野で物体に対して使われた言葉でしたが、心理学の分野でも使われるようになり、「重篤なストレス状況下で一時的には落ち込みながらもそこから立ち直っていく過程や結果であり、深刻な状況に対する個人の抵抗力」という定義がされています1)
簡単にいうと、「心の回復力」を表します。

生きていると、様々なストレスにさらされることがあります。
人間関係がうまくいかない経験は、誰しもあります。
勉強や仕事で失敗をしたり、恥ずかしい思いをしたり、理不尽な思いをすることを全て避けることはできません。

そのような時に、レジリエンスが高い人はすぐに立ち直り、適応していくことができます。
しかし、レジリエンスが低いとそこから立ち直れず、そのせいでさらに次の失敗をしたり、生活習慣が乱れたりと様々影響を受けます。

子どもの教育では、学力を高めることだけに腐心すると、このレジリエンスを高められず、困難に対処できなくなってしまいます。
今回は、子どものレジリエンスを高めるに、どのような方法があるかを解説します。

レジリエンスの高い子どもの特徴とは

子どものレジリエンスを高めるための教育を行うには、まず、レジリエンスの高い人の特徴を知る必要があります。

受験前の中学生538名を対象にした研究で、レジリエンスの尺度として挙げられたものが、「自己志向性」「楽観性」「関係志向性」の三つの因子でした2)

自己志向性とは、各個人が選択した目的や価値観に従って、状況にあう行動を自ら統制し、調整する能力に関わります。
つまり自分の考え方や感じ方に対して、信頼感を持っているということになります。

楽観性は、未来に対する明るい見通しを持つ性質や、現状が悪くても状況が変わる・変えられると希望を持つ性質のことです。

関係志向性は、他者との関係を重視し、他者との協力を通じて困難を乗り越えようとする姿勢を指します。
人間関係を築く能力や、困難な状況でも他人と協力して解決策を見つけ出す力を持つことを意味します。

つまり、レジリエンスを高めるためには、これらの性質を高めるように子どもに接することが有効であると考えられます。

レジリエンスを高める方法

ここからは、どのようにしてレジリエンスを高めるのかを見ていきましょう。

まず、レジリエンスについてイメージするために、図に表しました。
失敗や困難からの落ち込みから、図のように人は立ち直っていくのです。

レジリエンスカーブ_人が失敗や困難などの落ち込みから立ち直りまでのイメージ図
(筆者作成/無断複製禁)

自己志向性を高めるためには、「自分が頑張れば目標は達成できる」という自己効力感を高めることが有効です。
そのためには、「日常生活の中で達成しやすい小さな目標を定めて繰り返し達成させる」ことが重要です。

勉強をさせる場合で考えると、とにかく勉強させてスパルタで接すると、自己効力感は低くなります。
学習の目標は、月単位や週単位ではなく、1日に達成可能な小さい目標を作り、まずはそれを達成したらしっかりと褒めることが重要です。

スキンシップをとったり。子どもの主張をしっかり聞いてあげたり、意見を汲み取って話すことも重要です。
子どもが自分の意見を述べる環境を作ることで、自分が物事をどのように考えているか認識し、自分で意思決定する能力が育ちます。

楽観性を高めるには、勉強やスポーツなどで、何かうまくいかないことがあったときに、よくない点ばかりを指摘するのではなく、うまくいったことを見つけてフィードバックすることが重要です。
また、どうすればうまくいったのかを、共に考えることも良いトレーニングになるでしょう。

関係志向性を高めるには、身近に自分の行動のお手本となる人を見つけることが有効です。
子どもの同じクラスに、お手本となる人がいないか話し合ったり、部活やスポーツで同学年や近い学年で目標になる人を見つけて、見習う部分は見習い、逆に自分の得意なことは教えてあげられる関係を作ることを目指しましょう。

これらを実践していくことで、自分の発言や信念に自信を持ちつつ、悪い状況の時にも悲観的にならず、状況を打開することを模索でき、他人と協力ができる人になることができます。

まとめ

今回は、社会で生き抜くために重要な精神的回復力、レジリエンスについて解説しました。

人は失敗や困難から立ち直っていくことが、人生において必要です。
自ら、目標を定め、立ち直ることができる。
失敗を前向きに考えることができる。
困ったときに相談すれば克服できる。
そのようなレジリエンス教育は子どものうちに必要です。

子どもの教育では、ついつい勉強させることを重視してしまいがちですが、嫌なことがあったとしても、しなやかに回復する力を育てるための教育もとても重要です。

参考文献:
1.石井京子.レジリエンス研究の展望.日本保健医療行動科学会年報 2011;26:179-186 (2024.02.04取得)
2.石毛みどり,無藤隆. 中学生における精神的健康とレジリエンスおよびソーシャル・サポートとの関連 受験期の学業場面に着目して.教育心理学研究2005;53:356-357

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの隠れた才能「非認知能力」 「GRIT」(やり抜く力)について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    学校で学ぶ知識や論理的思考などの「認知能力」は子どもの能力の一端にすぎません。最近は、性格や態度、行…
  2. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  3. 宅配大手の佐川急便が、9月2日から「置き配」サービスを本格的に開始すると発表しました。これにより、不…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る