京都産業大の研究チーム、老化を遅らせる作用を発表 たんぱく質と亜鉛の結合が鍵

京都産業大学の永田和宏名誉教授率いる研究チームは8日、老化遅延に関する画期的な発見を科学誌「セル・リポーツ」で発表しました。彼らの研究では、細胞内に存在する特殊なたんぱく質「ERp18」と亜鉛が結合することで、老化を引き起こす活性酸素の分解が促進されることが明らかになりました。

この発見は、約1ミリの線虫を用いた実験を通じて確認され、老化に伴うアルツハイマー病や動脈硬化、心不全などの疾患の予防研究に対して新たな可能性を示しています。ERp18は、細胞の中でさまざまなたんぱく質を生産する小胞体にのみ存在し、その機能はこれまで不明でした。

しかし、チームの研究により、ERp18が亜鉛と結合しやすい構造を持っており、その結合によって老化の原因となる活性酸素を効果的に分解できることが判明したのです。線虫でERp18の機能を停止させると、細胞の老化が進行し、人間に換算すると約11.4歳の寿命が短縮する結果が得られました。

チームに所属する潮田亮准教授は、「小胞体の中は元々亜鉛が少なく、食事で亜鉛を取るだけでは効果がない」とした上で、「小胞体の中の亜鉛を増やしてERp18と反応させることができれば、病気の予防や治療に役立つのではないか」と指摘しています。

永田和宏名誉教授は学術的業績のみならず、宮中歌会始の選者を務める歌人としても知られています。永田和宏名誉教授らの今後の研究結果に注目が集まります。

先端研究者が勧める老化を遅らせる3大法則とは?

老化を遅らせる方法にはさまざまなアプローチが存在しますが、科学的研究に基づく具体的な行動が重要です。先端研究者は、老化を遅らせる3大法則として以下の要素を挙げています。

  1. 運動:老化制御に欠かせないNADを増やす
  2. 朝食:朝にしっかり食べて生体リズムを整える
  3. 小太り:手術後の合併症リスクを下げる

1つ目の法則として、運動は老化を遅らせる効果があると言われています。特に40~50代からでも始められる、軽~中程度の有酸素運動や筋トレが推奨されています。これらの活動は、老化制御に不可欠なNADを増やす手助けになるとのことです。

2つ目の法則は、生体リズムを整えることが重要であるという点です。朝食をしっかり食べることで、生体リズムに従って昼間のNADの量を増やすことに繋がります。

最後に、カロリー制限も老化を遅らせる効果があるとされていますが、病原体に対する抵抗力が落ちる可能性があるため、長生きしたいなら少し小太りくらいが丁度良いとのことです。これらの法則を踏まえることで、老化を遅らせるための科学的根拠に基づいたアプローチが可能となります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 宅配大手の佐川急便が、9月2日から「置き配」サービスを本格的に開始すると発表しました。これにより、不…
  2. フィンランドの知能テスト機関「Wiqtcom(ウィクトコム)」が発表した「2024年版 世界で最も知…
  3. 東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏が圧倒的な支持を得て、3期目の当選を果たしました。自民・公明支持…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る