東京都立大教授の宮台真司氏が男に襲われ重傷 計画的犯行の可能性あり

11月29日の午後4時半前、東京都立大学の教授の宮台真司氏(63)が、同大の南大沢キャンパスの路上で男に後ろから頭を殴られ、刃物のようなもので首や後頭部などを切られて重傷を負いました。通行人が「男性が顔を切られている」と、110番通報をしたことで発見。

警視庁捜査1課などによると、宮台氏は大学敷地内の歩道で男に襲われ、首や背中などを複数箇所切られ、全治1ヶ月の大怪我を負ったとのことです。発見されたときには意識があり、「後ろから頭を殴られた」などと、駆けつけた警察官に事情を説明したとされています。

逃げた男は身長180センチ前後の20〜30代だとされ、黒色のジャンパーとズボンを身に付けていたとのことです。警察庁の調べにより、男が現場から約100メートル離れた中門のそばの植え込みを越えて逃げる様子が、校内の防犯カメラに写っていたことがわかっています。

また、その後の捜査関係者への取材で、門から数百メートル離れた住宅街の防犯カメラに、男が歩いている様子が写っていたことがわかりました。その映像によると、男は東の方向に向かって歩いていたことが確認されています。

警察庁は、男が宮台氏の行動予定をあらかじめ把握し、計画的に犯行に及んだ可能性があるとして捜査を続けています。

突然襲われた社会学者の宮台真司氏の活動

今回事件にあった宮台真司氏は、宮城県仙台市生まれの社会学者で、評論家、首都大学東京教授としても活動しています。フィールドワークとして、女子高生・コギャルの実態分析、政治思想、教育問題、国際政治など、あらゆる事象について分析・解説。

また、宮台氏はこれまでさまざまなメディアで発信を行ってきました。報道リアリティーショーの「ABEMA Prime」にも複数回出演し、「過激な議論は必要なのか?」「選挙に関心低いのは誰のせいなのか?」「社会とメディアの劣化とは?」など、多ジャンルの議論を積み重ねています。

そのほか、複数のメディアで対談を繰り返しているほか、「経営リーダーのための社会システム論 構造的問題と僕らの未来」や「神なき時代の日本蘇生プラン」といった書籍執筆も手掛けています。

なお、今回の事件に対してネット上では、「ただただショックだった」「命に別状がなくてよかった」「一刻も早く犯人が捕まってほしい」などの意見が寄せられました。犯人がまだ逮捕されていないこともあり、この事件の今後の動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  2. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  3. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る