「麻薬王」息子のオビディオ被告が銃撃戦の末に身柄拘束 旅客機が銃弾を受ける

5日にメキシコで、「麻薬王」と呼ばれたホアキン・グスマン受刑者の息子であるオビディオ・グスマン被告が身柄を拘束されました。その際、麻薬の製造・販売を行う組織側が抵抗し、激しい銃撃戦が発生。

地元当局は急襲作戦を決行し、その衝撃による死者数は計30人にまで上ったと明らかにしました。死亡したのは治安当局の11人と、麻薬組織「シナロア・カルテル」のメンバーらしき人物19人です。また、この銃撃戦によって50人以上が負傷しました。

さらに銃撃戦は、メキシコ北西部クリアカンからメキシコシティに向けて離陸しようとしていたアエロメヒコ航空の旅客機にまで影響を及ぼしました。離陸に向けて滑走路を走っていたところ、機体が銃撃を受けたのです。

乗客らは機内で身をかがめるなど緊迫しましたが、乗員乗客には怪我はありませんでした。その後空港は閉鎖され、当局は住民に対して屋内に留まるよう指示を出しました。

ネット上では、「空港襲撃とか凄まじい」「ゲームの世界のようだ」「これはもう内戦の一種では?」などの意見が飛び交っています。

オビディオ・グスマン被告を拘束するのは今回が初めてではない

オビディオ・グスマン被告は2019年にも一度、今回のような激しい銃撃戦の末に拘束されています。しかし、大統領を務めるロペス・オブラドール氏の指示によって釈放されました。

釈放された理由は、麻薬組織の報復が止まなかったためです。報復の内容としては、逮捕した警官が殺害される、警備の要員を上回る人数で襲撃を受ける、などが挙げられます。こういった現状から、釈放せざるを得なかったとのことです。

今回、オビディオ・グスマン被告の拘束に至ったのは、メキシコで開催される北米首脳会議が関係しています。9日午後には、アメリカのバイデン大統領が出席し、両国大統領の首脳会談も予定されていました。メキシコの治安状況をコントロールできていることを、アメリカ側に示すために拘束を図ったとのことです。

そもそもアメリカは、オビディオ・グスマン被告に6億7,000万円の懸賞金をかけるほど、麻薬組織に強い嫌悪感を示していました。そのこともあり、メキシコの治安当局が動いたのだとされています。

なお、メキシコの麻薬組織を取材しているジャーナリストによると、「今回の拘束で、メキシコの麻薬問題や治安悪化が収まることはない。麻薬王『エル・チャポ』が率いる組織以外にも、メキシコには強力な麻薬組織がいくつも存在する」とコメントしています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  3. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る