インド宇宙研究機関が月面着陸を達成 南極地点への着陸は世界初

インド宇宙研究機関(ISRO)は23日、無人月探査機の「チャンドラヤーン3号」が月の南極付近での軟着陸に成功したと発表しました。月の南極地点への着陸は、全世界で初の試みとなります。

月面への着陸を果たした国として、米国、旧ソ連、中国に次ぐ4ヶ国目となりました。ISROによると、「チャンドラヤーン3号」は正常に機能しているということで、25日には着陸機のハッチが開き、「ローバー」が降り立ちました。その後、ローバーが少しずつ月面を走行する様子を映した映像が公開されました。

月の南極部には水が氷の状態で存在する可能性があり、それが飲料や酸素、さらには水素の原料として活用できることが期待されています。今後の月面探査について、国際的な関心が集まっています。

インドは今回の着陸成功を受け、宇宙開発で優位に立ちたいという考えを示しているとのことです。来年の総選挙を前にしたインドのモディ首相にとって、この1件は非常に大きな実績と言えるでしょう。有人月探査の競争が激化する中、中国を筆頭とした他国への対抗策としての狙いもあります。

「チャンドラヤーン3号」は7月14日に地球を離れ、宇宙へと向かいました。インドは2008年に「チャンドラヤーン1号」を月面に衝突させ、水分の存在を確認。2019年における「チャンドラヤーン2号」の軟着陸は失敗に終わっています。

インド宇宙研究機関のミッション:水の氷を追求すること

インドが新たに打ち出した宇宙ミッションの主なテーマは、月に存在する可能性のある水の氷を追求することです。科学者らの間では、月に水の氷が見つかれば、将来的に人類の月での生活を大きく支えてくれる要素になると予測されています。

さらに、火星や遠方に向かう際の宇宙船の推進剤としての活用も視野に入れられています。月面には日光が当たらず永久に影となる領域が多く、水の氷が蓄積している可能性があると指摘されています。

「チャンドラヤーン3号」には、月面の物理的特性や月面近くの大気、地殻の活動を調査する5つの科学装置が組み込まれています。探査車にはインドの国旗も搭載されており、車輪部分には「ISROのロゴ」が刻まれています。探査車が月面を移動する際、その跡が残るよう設計されているとのことです。

月に関する探査活動は、インドだけの取り組みではありません。近年、多くの国が月探査を計画しており、月には多くの未解明な点が存在すると科学者たちは強調しています。今後のISROの活動に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  2. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  3. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る