あおり運転の無職男性、東京高裁で懲役18年の判決 「俺が出るまで待っておけよ」

神奈川県大井町の東名高速で起きたあおり運転による追突事故で、一家4人を死傷させた無職の男性(32)に対する裁判で、東京高裁は2月26日、懲役18年の判決を支持しました。この事件は、2017年6月5日に被告が駐車方法を非難されたことに腹を立て、一家4人が乗ったワゴン車を停止させた後、追突事故を引き起こして夫婦を死亡させ、その娘2人に怪我を負わせました。

2月26日の判決言い渡しは約1時間に及び、裁判官に向かって被告が「俺が出るまで待っておけよ」などと言い放っています。この裁判は、当初の一審・横浜地裁の裁判員裁判で公判前整理手続きの違法が指摘され、差し戻し審を経て長期化する異例の経過をたどりました。

ネット上では、「こういういきり輩を社会から切り離し、一般市民の安全を確保することも法律の大事な役目」「ふざけたセリフだな」「この言葉で刑期を上乗せできるシステムにならないかね?」などの意見が寄せられています。

あおり運転による追突事故 これまでの裁判経緯

2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で起きた一家4人が死傷した事故は、石橋和歩被告によるあおり運転が原因で、社会に大きな衝撃を与えました。この事件はあおり運転の危険性を社会問題として浮き彫りにし、その結果、2020年には道路交通法の改正が行われ、あおり運転に対する罰則が厳罰化されました。

しかし、この事件に関する裁判は複雑な経緯をたどっています。1審の横浜地裁での判決後、2審の東京高等裁判所が手続き上の違法を指摘し、審理のやり直しを命じました。その理由については、「横浜地裁の裁判手続きの進め方に違法な点があった」と指摘しています。

その詳細としては、「横浜地裁が裁判の前の争点を整理する手続きの中で、検察と弁護側の双方に対して『危険運転の罪にはあたらない』という見解を表明したのは違法で、明らかな越権行為だ。被告や弁護士に反論の機会を十分に確保しなかった点も違法だ」としています。

この過程を経て、やり直しの1審が行われ、その中で被告側は無罪を主張しました。しかし、2022年6月に横浜地裁は再び石橋和歩被告に懲役18年を言い渡し、被告はこれに不服として控訴しました。2023年12月、東京高裁でやり直し裁判が開かれ、即日結審しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 国立がん研究センターが28日、教育と健康の関連性に関する驚きの研究結果を発表しました。この研究では、…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 「なぜ大事?子どもの読書習慣」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもにとって読書習慣を持つことはなぜ大事なのでしょうか?「本を読むと、どんないいことがあるのか」と…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…
  3. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る