レッドブルが時速350km超えの高速ドローンを開発 F1マシンの撮影に成功

レッドブルと専門企業の共同により、時速350kmを超える高速ドローンが開発されました。このドローンは、時速300kmを超えるF1マシンに追いつくことができ、シルバーストン・グランプリ・サーキットでF1マシンの撮影に成功しました。

ドローンの名称は「Red Bull Drone 1」です。最高速度は時速350kmであり、わずか4秒で時速300kmに達するという驚くべき性能を誇ります。

しかし、この高性能ドローンをF1の有観客グランプリで広く使用することは、安全性の懸念から困難とされています。ドローンによる撮影はF1の映像技術に革新をもたらす可能性を秘めているものの、その全面的な採用にはまだ多くの障壁が存在します。

レッドブルの技術チームとDutch Drone Godsが協力して生み出したこの技術は、間違いなく注目の的であり、将来的にF1の観戦体験を大きく変えることになるでしょう。それでも、安全性を最優先に考えるF1では、技術の進歩とともに、その使用方法に関しても慎重な判断が求められています。

安全上の懸念から使用が困難 「あれはプライベートテスト」

F1のメディアおよび放送担当ディレクターのディーン・ロック氏は、レッドブルと国際自動車連盟(FIA)との間で行われた協議について語りました。レッドブルの開発した高速ドローンの導入可能性について話し合いを進めていますが、ディーン・ロック氏は、有観客のイベントでの使用は安全上の懸念から困難であるとの見解を示しています。

また、「彼らが新型ドローンと共に行ったことは、非常に興味深い」と話しており、その上で「しかしあれはプライベートテストだ。つまり彼らは我々が守るべきルールの9割は守らなくてもいいんだ」と指摘しました。新型ドローンは驚異的な速度を誇りますが、その操作性には限界があり、観客の安全を確保しつつ使用することには大きな課題が伴うとのことです。

さらにディーン・ロック氏は、FIAとのミーティングでさまざまな議題を話し合ったと述べ、ドローンの軽量化や小型化などにも積極的に取り組んでいることを明かしました。これにより、万が一ドローンが落下した場合でも、被害を最小限に抑えられると説明しています。

一方で、開発に携わったドローンパイロットのラルフ・ホーゲンビルク氏は、ドローン技術の将来の展望について言及しました。「ここから、実際にどこへ進んでいくことになるのかは分からない」とした上で、「しかし当然、目標は実際のレースかフリー走行などで、ライブ配信を行う能力を持つことだ」と語り、F1サーキットでのドローン使用に大きな期待を寄せています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…
  2. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…
  3. 実業家である前澤友作氏が、詐欺広告についてFacebook Japan代表の味澤将宏氏に公開で質問を…

過去よく見られている記事

  1. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  2. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る