楽天グループが3,728億円の赤字 最終赤字は4期連続かつ上場以来で最大

楽天グループの赤字額が上場以来で最大を記録しました。楽天グループは14日に、2022年12月期連結決算(国際会計基準)を発表。

その決算によると、最終利益は3,728億円の赤字で、前期の1,338億円の赤字に比べて大幅に赤字額を更新しました。また最終赤字は4期連続であり、この赤字額は2000年に上場して以来で最大です。基地局の整備など、携帯電話事業への先行投資が重荷となったとされます。

楽天グループは楽天モバイルのほかにも、楽天市場や楽天カード、楽天銀行、楽天証券など、さまざまなサービスを手掛けています。楽天市場などのインターネットサービスでは、セグメント利益を782億円あげ、楽天カードなどのファンテック事業では987億円の利益をあげており、売上高にあたる売上利益は1兆9,278億円と過去最高でした。

これだけの利益をあげているのにも関わらず、楽天グループで3,728億円の赤字を作っているのは、楽天モバイルの携帯電話事業でセグメント損失を4,928億円あげているためです。

つまり、現在の楽天グループにおける赤字構造として、携帯電話事業以外の利益を楽天モバイルの損失ですべて吹き飛ばしているのです。楽天グループは最後発の携帯電話会社としてスタートし、全国に自前のネットワークを構築している最中なので、初期投資額がかさんで赤字額が莫大になるのは事業開始前から想定されていました。

楽天グループの会長兼社長を務める三木谷浩史氏は、「2023年はとにかく利益体制を確立する年。そののちに(エリアの)カバー率を向上、他社と遜色なくなったら2024年は加速していきたい」と、今後の目標と意欲を示しました。

「0円プラン」の終了により楽天ユーザーの離脱が懸念

楽天は2022年6月まで「1GBまで無料プラン」という大型キャンペーンを実施し、新規ユーザーの獲得に注力していました。結果、「無料だからとりあえず入ってみよう」という新規ユーザーを多数獲得。

しかし、2022年7月から「0円プラン」が終了することに伴う、楽天ユーザーの離脱が懸念されていました。10月末まではポイントバックキャンペーンが行われていたため、純粋な有料プランのユーザー数は11月から明らかになると注目されていました。

一通りのキャンペーンが終了した結果、多少のユーザー数の減少はあったものの、約9割以上のユーザーが有料プランに残っています。さらにその後の2022年12月、2023年1月にはユーザー数が微増しており、当初懸念されていた「0円プラン」終了に伴う激減は起こりませんでした。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  2. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  3. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る