26日、米Metaが第3四半期決算を発表 売上高は前年同期比4%減で2四半期連続減少

旧Facebookの米Metaは26日、第3四半期(7〜9月)の決算を発表しました。売上高は前年同期比4%減の277億1,400万ドル(約4兆600億円)であり、2四半期連続で減少。純利益も52%減の43億9,500万ドルでした。

売上高が減少した主な理由は、マクロ経済の影響によって主力の広告事業が減速したためだとされています。これには、中国系の動画投稿アプリ「TikTok」との競争激化も影響しています。

そのほか、Questシリーズのヘッドセットやメタバースを担う「Reality Labs」の売上高がほぼ半減しました。「Reality Labs」の損失は36億7,200万ドルだとされています。株価は引け後の時間外取引で14%下落。時価総額は約400億ドル消失しました。

なお、米グーグルの親会社である「Alphabet」が25日に発表した7~9月期決算でも、純利益が27%減少しているなど、ネット広告を主軸とする大手IT企業は苦戦を強いられています。

Metaは今後流行するメタバースに先行投資している

Facebookのネット広告事業からメタバースビジネスに移行しつつあるMetaは、2四半期連続で売上高が減少しました。株価暴落もあり、Metaのビジネスモデルを批判する声が殺到しています。

しかし、Metaは2023年後半に発売を予定する次世代Questに向けて先行投資を増やすなど、VR/ARのビジネスを大幅に拡大する見通しです。売上の大部分を占めるSNS事業が疎かになっており、多くの投資家の不安を煽っているのは事実ですが、マーク・ザッカーバーグは当初からかなりの赤字が出ることを予期していました。

以前の年次株式総会にて、投資利益率に関する質問を受けたマーク・ザッカーバーグは、「人々が仮想空間でモノ・サービスを販売するビジネスが構築されるのに伴い、メタバースはいずれ利益を生むだろう」と回答しています。

続けて、「われわれは誰もができるだけ手頃な価格でハードウエアを入手できるようにし、デジタル経済の成長を確実にしたい」と語っています。つまり、現在Metaが赤字を出しているのは計画通りであり、今後流行するであろうメタバースに先行投資をしているだけなのです。

先行投資の事実を知っている一部ユーザーは、「今後のメタバースビジネスに期待」「メタバースへ投資するのは良いけど上限を設けてほしい」などの意見を発信しています。Metaの今後の動向から目が離せません。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  2. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  3. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…

おすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る